全1411文字
PR

 自動化重機の普及のネックになり得る問題の1つが、安全対策だ。万が一、自動運転中に作業者と接触事故を起こした場合、誰が責任を取るのか。建設会社だけでなく発注者も気になるこの問題について、ロボットに関する法制度に詳しい小林正啓弁護士に解説してもらった。

この記事は有料会員限定です

【初割開始】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割開始】日経電子版とセットで2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中