全1761文字
PR

 「転職先で、同僚となった人たちとうまくやっていけるのか」。転職活動を始めている、または始めようとしている人からよく聞く不安です。エンジニアとして働く人からもよく相談されます。

 エン・ジャパンが2022年2月4日に発表した 「職場の人間関係」に関する調査結果によると、回答者の87%が「転職先での人間関係に不安を感じる」と答えました。これは当然の結果だと思います。前職の取引先だったなどというケースは別ですが、取引経験がなく転職先に知人もいない場合は不安でしょう。

 逆にこの質問に「不安を感じない」と回答した人は、転職先を既によく知っているか、自分に自信があり、他人に左右されずに仕事ができる人でしょう。転職に限らず、不安を抱かずに働けるタイプかもしれません。

 入社前に職場の人間関係を確認できればよいのですが、なかなかそうもいきません。こう考えると、転職には「未知の人と人間関係をつくることに抵抗がない」「漠然とした不安で自分の意思を曲げない」などのスキルも必要になるのでしょう。

 新型コロナウイルス禍におけるテレワーク環境下では、オンラインで上手にコミュニケーションをとるスキルの有無も、転職後の人間関係構築に大きく影響しそうです。テレワークスキルは転職前から磨いておくに越したことはありません。

入社後は、上司を「逆面接」してみよう

 入社後の人間関係構築をスムーズにするには、「逆面接」がお勧めです。上司や先輩、同僚などに対してインタビューを実施するのです。

 転職者は、中途採用面接などを通じて入社前にたくさんインタビューを受けています。つまり迎え入れる側は、転職者についておおよその情報を持っています。しかし転職者にしてみれば、自分から面接官に質問できる機会は限られています。相手に関する情報が少ないのですから、不安を抱いて当然です。

 そして入社してみたら、職場の人たちから「即戦力として頑張ってください」「期待しています」などと声をかけられていきなりプレッシャーを感じます。迎え入れる側も「中途採用だからすぐに仕事ができるだろう、手取り足取り教えるのはかえって失礼だろう」などと考えて、放置してしまうケースがあります。その結果、分からないことも「分からない」といえず、誰に尋ねてよいかも分からないという状況に陥る転職者がいます。