全1994文字
PR

 転職活動の情報収集もすっかりオンラインが当たり前になりましたが、新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の解除によって少しずつ変化が見られます。転職や働き方に関する来場型(リアル)のイベントも開催されるようになってきました。

 筆者も先日、50~60代の働き方をテーマにしたイベントに、一参加者として足を運びました。感染対策に気をつけながら会場を歩き回ったのですが、リアルイベントならではの収穫が得られ、とても有意義な時間でした。

 転職情報サイトや企業の求人情報ページの内容は、コロナ禍でより充実してきています。しかしそれも、自分が欲しい情報を探し出せる検索能力があって初めて有効になります。

 日経クロステックの読者ならネットリテラシーも高く、時間をかけずに必要な情報が集められるかもしれません。しかし転職に関しては、「そもそもどんな情報を集めたらよいか分からない」という人も少なくありません。何から調べればよいか、調べたけれどその情報は信頼できるか、といったところで立ち止まってしまうことも多いのです。

 そうしたときにお勧めしたいのがリアルイベントへの参加です。人に会って話すことで、今どんな人材が求められているか、自分の市場価値はどれくらいかを感じ取れます。

 それによって転職に希望を抱く人もいれば、失意のどん底に落ちる人もいます。それでも、PCやスマートフォンの検索画面を前に「この会社は良い会社なのか」と思考停止し、その真偽を誰にも相談できずに悩んで転職機会を逃すよりはよいでしょう。

 リアルイベントの場で転職市場を肌で感じてから、自分が関心を持った業種や企業についてネット検索してみる。そんな転職活動の進め方がお勧めです。

履歴書の書き方を具体的に教えてくれる

 今回筆者が参加したイベントでは、50代のこれからの生き方や働き方に関するセミナー、展示がたくさんありました。求職だけでなく、老後に向けた資金や副業、地方への移住など、十分すぎるほどの情報がありました。

 セミナー数も出展者数も数十程度とそれほど大きくはなかったのですが、初めて転職活動をする人にはちょうどよい規模だと思います。出展企業200社、参加者1万人などという大規模イベントは得られる情報も多いのですが、参加者が多すぎて出展企業は参加者をさばくことに一生懸命になってしまい、なかなかゆっくり話せないことがあります。

 逆にこぢんまりとしたイベントは人が少ないゆえの入りにくさを感じるのですが、利点も少なくありません。まず、履歴書や職務経歴書の書き方をじっくりアドバイスしてもらえることです。

 転職イベントには転職情報会社が必ずと言っていいほど出展しています。今回筆者が参加したイベントも、履歴書作成の個人指導をしてくれるブースが複数ありました。転職情報会社からすれば、自社のWebサイトに真剣な求職者を多く集める必要があります。ですから、アドバイスも具体的かつ真剣です。