Internet Explorer(IE)のサポートが2022年6月に終了する。ユーザー企業にとっては「脱IE」が急務だ。しかし日本企業のIE依存度は非常に高い。日経クロステックの調べでは、ユーザー企業を支援する立場にある大手ITベンダーにおいても、脱IEがまだ完了していない実態が分かった。脱IEはどう進めるべきか。ポイントを解説する。