全2920文字
PR

 2020年4月1日。あるプロジェクトによって生まれたバイオ燃料を積み、1台のバスがさっそうと走りだした。石油由来のディーゼル(軽油)と同等の性能を持ち、将来的には環境負荷の7~8割減を狙える同燃料。電動化以外の環境対応策として貴重な選択肢の1つになる。手掛けたのは、商用車大手のいすゞ自動車とバイオスタートアップのユーグレナだ。約6年にも及んだ両社のバイオ燃料開発、その裏側に迫った。

この記事は有料会員限定です

【初割開始】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割開始】日経電子版とセットで2カ月無料
「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

デジタル融合で加速するものづくりの進化

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の最先端を知りたい方に。先進企業の事例やDXを支援する製品/ソリューションを集めたイベントを開催します。参加は無料。

事前登録で動画/資料が見られます

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中