全2804文字
PR

 クラウド版のPower Automateでは、Outlook.comやOffice 365のOutlook、Gmailなどに届いた電子メールから、添付ファイルをOneDriveやOneDrive for Business、Dropboxなどのクラウドストレージに自動保存するフローを簡単に作成できる。その際、全ての添付ファイルを一様に保存するのではなく、「件名に『重要』と書かれていたら、『重要』フォルダーに保存し、それ以外の場合は『通常』フォルダーに保存する」というように、一定の条件に基づいて処理の仕方を変えることもできる(図1)。いわゆる“条件分岐”の処理だ。

件名に「重要」とあったら、「重要」フォルダーに添付ファイルを保存
件名に「重要」とあったら、「重要」フォルダーに添付ファイルを保存
図1 メールの件名に「重要」の文字があったら、そのメールの添付ファイルを「重要」というフォルダーに保存する。それ以外のメールの添付ファイルは、「通常」フォルダーに保存する。こんなふうに条件に応じて処理の仕方を変えて、操作を自動化することも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでは「Office 365のメールの添付ファイルを指定したOneDrive for Businessフォルダーに保存する」というテンプレートを例に取り上げたい。このテンプレートには、添付ファイルを保存するだけでなく、その条件を指定するステップがあらかじめ組み込まれているので、条件分岐の仕方を学ぶことができる。

 まずは「テンプレート」画面で上述のテンプレートを選択し、「OneDrive for Business」と「Office 365 Outlook」のアカウントに接続する(図2)。チェックマークが付いていなかった場合は、「+」マークをクリックしてサインインしよう。

条件に応じて処理の仕方を変えられる
条件に応じて処理の仕方を変えられる
図2 左側のメニューで「テンプレート」を選び、「Office 365のメールの添付ファイルを指定したOneDrive for Businessフォルダーに保存する」を選ぶ(1)(2)。続く画面の下方に接続先が示されるので、必要に応じて「+」をクリックしてサインインする。チェックマークに変わったら(3)、「続行」ボタンを押す(4)
[画像のクリックで拡大表示]

 するとフローの編集画面が開き、「On new email」と「Condition」という2つのステップが表示される(図3)。前者は「新しいメールを受信したとき」、後者は「条件」という意味だ。「Condition」のステップは、「はいの場合」「いいえの場合」という2つのアクションに分岐していて、条件に応じてその後の操作を変えられるようになっている。

図3 フローの編集画面が開く。中央にある「Condition」(条件)というステップに応じて、「はいの場合」と「いいえの場合」という2通りの処理ができることが分かる
図3 フローの編集画面が開く。中央にある「Condition」(条件)というステップに応じて、「はいの場合」と「いいえの場合」という2通りの処理ができることが分かる
[画像のクリックで拡大表示]