全3245文字
PR

 米Apple(アップル)は米国時間の2021年9月14日に新製品発表会を開催。多数発表された新機種の中でも注目されるのは、新しいiPhone「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」シリーズだろう。iPhone 12シリーズからいくつかの点で機能強化や改善が施された一方、コロナ禍で際立った不満点に手が加えられていないのが気になる。

「iPhone 13」は「mini」も続投

 毎年この時期に高い関心を呼ぶのが、iPhoneをはじめとしたアップルの新製品発表イベントだ。コロナ禍の2020年は発表会が複数にわたって実施され、iPhone新機種の発表も10月にずれ込むなど異例の展開となったが、2021年はコロナ禍での環境に慣れたこともあってか、例年通り9月に複数の製品をまとめて発表する形へと戻っている。

 そこで発表されたのは、「iPad」「iPad mini」そして「Apple Watch」の新製品など多岐にわたるが、中でも大きな注目を集めたのはやはりiPhoneの新機種であろう。アップルは今回、iPhoneの新機種として「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」シリーズの4機種を発表している。

 各機種の仕様を確認すると、2020年の「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」シリーズの順当進化版という印象だ。iPhone 13シリーズは6.1インチの「iPhone 13」と5.4インチの「iPhone 13 mini」の2機種で、「iPhone 12 mini」の販売不振が伝えられ存続が危ぶまれていたminiシリーズも無事後継モデルが登場した。

「iPhone 13」シリーズは2機種を用意。売り上げ不振が伝えられた「mini」も続投に至っている
「iPhone 13」シリーズは2機種を用意。売り上げ不振が伝えられた「mini」も続投に至っている
(出所:アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 角張った外観のデザインもiPhone 12シリーズを踏襲している。大きな変化の1つはTrueDepthカメラの省スペース化により、ノッチが20%小さくなったこと。Androidスマートフォンではディスプレーのカメラ部分をくりぬいたパンチホールが主流となったことで、iPhoneのノッチの大きさが目立つようになっていた。それだけに、多少なりともノッチが小さくなり画面占有率が下がったのはメリットといえる。

 性能はもちろん強化されており、新しいプロセッサー「A15 Bionic」を搭載。カメラは引き続き広角・超広角の2眼構成だが、広角カメラには「iPhone 12 Pro Max」で採用していたセンサーシフト式の光学式手ぶれ補正機能を搭載するなどの進化を遂げている。高いプロセッサー性能とカメラを生かし、被写体の動きに応じてフォーカスを別の被写体に切り替える「フォーカス送り」を可能にするなど、動画撮影も強化されているようだ。

ノッチを小型化したり、広角カメラにセンサーシフト式の光学式手ぶれ補正を採用したりするなど、順当な改善が加えられている印象だ
ノッチを小型化したり、広角カメラにセンサーシフト式の光学式手ぶれ補正を採用したりするなど、順当な改善が加えられている印象だ
[画像のクリックで拡大表示]