全4888文字
PR
(出所:アップル、以下同じ)
(出所:アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple(アップル)の新製品発表イベントが2021年9月15日午前2時(日本時間)から約1時間、オンラインで開催された。

 今回発表された新製品は、「iPad(第9世代)」「iPad mini(第6世代)」「Apple Watch Series 7」「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」だった。

 このうちiPhone 13シリーズ各機種のスペックの違いや、前モデルの「iPhone 12」シリーズとの違いは、発表を一度見ただけではよく分からないかもしれない。そこで、それらが分かるようにまとめておきたい。購入を検討している方に役立ててほしい。

iPad mini(第6世代)は迷うことなく予約

 いきなり余談なのだが、イベントを見終わってすぐにiPad mini(第6世代)を予約注文した。

 iPad mini(第6世代)はホームボタンを排し、前面がほぼディスプレーという新しいきょう体デザインで登場。小さいiPadが欲しかったので、見た瞬間に「買い」だと思った。プロセッサーがiPhone 13シリーズにも搭載されている最新の「A15 Bionic」なので、長く現役で使えるだろう。iPad miniはこのところ毎年のアップデートではないため、例年通りであれば1年たって「型落ち」といった悲しい気分になる可能性も低いと踏んでいる。

片手で楽に持てるiPad miniの第6世代。前面からホームボタンがなくなりディスプレーが広がった。それでいて縦の長さは7.8mm短くなっている。このサイズで手書きノートは未体験なので使うのが楽しみだ
片手で楽に持てるiPad miniの第6世代。前面からホームボタンがなくなりディスプレーが広がった。それでいて縦の長さは7.8mm短くなっている。このサイズで手書きノートは未体験なので使うのが楽しみだ
[画像のクリックで拡大表示]

iPhone 13、見た目が前モデルと変わらない?

 購入時の心の葛藤が全くなかったiPad miniに比べると、iPhone 13シリーズは頭に「?」がいくつも浮かんだ。それをクリアした上で、今回のiPhoneを購入するかどうかを検討したい。

 まず、想像していた以上に見た目の印象がiPhone 12シリーズから変化しなかった。サイドから丸みをなくしたフラットなデザインを引き続き採用している。外部接続用ポートがLightningなのも同じ。

 シリーズ共通で前面ディスプレーをカバーする丈夫な「Ceramic Shield」ガラスは前モデルから引き継がれている。フレームの材料に、iPhone 13とiPhone 13 miniが「航空宇宙産業で使われるレベルのアルミニウム」、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxが「医療に使われるレベルのステンレススチール」を採用した点や、背面ガラスの仕上げ処理なども前モデルと似ている。

iPhone 13シリーズのフレームや背面ガラスの処理などは、iPhone 12シリーズとほぼ同じ印象を受ける
iPhone 13シリーズのフレームや背面ガラスの処理などは、iPhone 12シリーズとほぼ同じ印象を受ける
[画像のクリックで拡大表示]

 相違点としては、ディスプレー上部のノッチ(切り欠き)がシリーズ共通で約20%小さくなったところ。筆者はアップルがノッチを小さくしたいと考えているとは思わなかったので意外に感じた。iPhoneのアイデンティティーとして手をつけず、変更を加えるとしたらノッチを完全になくすときだろうと考えていたからだ。

 実際には他社のスマートフォンと比較してノッチが大きいことを美しくないとする声や、フルスクリーン表示した際にコンテンツの邪魔をする場合もあるので、小さくなることは良いことだろう。

iPhone 13シリーズの画面上部にあるノッチ(切り欠き)が、従来のモデルよりも20%小さくなっている
iPhone 13シリーズの画面上部にあるノッチ(切り欠き)が、従来のモデルよりも20%小さくなっている
[画像のクリックで拡大表示]

 外見の違いでもう1つ目につくのは背面カメラだ。「Pro」モデル同士で比較すると、iPhone 12 ProよりもiPhone 13 Proのほうが開口部が大きくなり、ユニット全体も大きくなっている。「Pro Max」も同様だ。ただし両者を並べて見比べないと気がつかないかもしれない。

 iPhone 13のほうはiPhone 12と開口部が同じサイズのカメラが2つ搭載されている。ただし縦並びではなく斜め配置に変更された。

 iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxの3眼カメラは、これまでと同一の配置だ。

 外観だけ見ると前シリーズとあまり変化がないように見えるのだが、中身やスペックが結構違う。そのあたりが分からないと「買い」かどうかも判断できないところだ。次で見ていこう。

iPhone 13シリーズは背面に超広角と広角のカメラが搭載。広角カメラが内側に移動した斜め配置になった
iPhone 13シリーズは背面に超広角と広角のカメラが搭載。広角カメラが内側に移動した斜め配置になった
[画像のクリックで拡大表示]