全1156文字
PR

 最近のスマホ用カーナビアプリは、車載カーナビに匹敵する実力を持つ。最新の地図や交通情報が表示され、スマホに話しかけて操作できる点も魅力(図1)。Android端末なら「OKグーグル。自宅までナビして」と話せば、画面に一切触れなくても案内するという離れ業までやってのける。

スマホの道案内が快適
スマホの道案内が快適
図1 パソコン版のGoogleマップは、左下の「レイヤ」から「交通状況」を選択すると、交通規制や混雑状況を表示できる(1)~(3)。検索したルートはスマホに送信が可能。スマホでは音声認識によってハンズフリーで操作できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleマップのカーナビ機能を利用する際、ルート検索はパソコン版でも可能だ(図2)。有料道路を使わない節約ルートも探せる(図3)。ルートはスマホに転送できるので、最新の交通情報をチェックして出発しよう(図4)。ナビ画面は簡略化されて見やすい(図5)。ドライブ中に休憩したくなったらルート上の飲食店も探せる(図6)。声だけで情報検索など多くの操作に対応する(図7図8)。

パソコンでルート検索してスマホに送る
パソコンでルート検索してスマホに送る
図2 パソコン版では画面左上で「ルート」ボタンを押し、出発地と目的地を入力(1)~(3)。車のマークをクリックするとルートが検索される(4)(5)。ルートは混雑状況も加味される。検索したルートをスマホで案内するなら、「ルートを…」を押す(6)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 一般道路を優先したいなら、図2で「オプションを表示」をクリック。「不使用」欄で「高速道路」や「有料道路」をチェックすれば、これらを利用しないルートを検索する(1)(2)
図3 一般道路を優先したいなら、図2で「オプションを表示」をクリック。「不使用」欄で「高速道路」や「有料道路」をチェックすれば、これらを利用しないルートを検索する(1)(2)
[画像のクリックで拡大表示]
スマホでルート案内を開始
スマホでルート案内を開始
図4 ルートをスマホに転送すると通知が届く(1)。タップするとGoogleマップアプリが開き、ルートが表示される(2)。案内を開始するには「ナビ開始」をタップ(3)。道路の混雑状況のほか、ユーザーから投稿されたスピード違反の取り締まりや工事などの情報も表示される(右下)
[画像のクリックで拡大表示]
図5 ナビ画面では情報量が減り、分岐の案内や進行方向、方面がわかりやすく表示される。画面右には音声入力などの大きめのボタンが並び、操作しやすい
図5 ナビ画面では情報量が減り、分岐の案内や進行方向、方面がわかりやすく表示される。画面右には音声入力などの大きめのボタンが並び、操作しやすい
[画像のクリックで拡大表示]
ルート沿いの飲食店を探す
ルート沿いの飲食店を探す
図6 ルート選択後に「︙」ボタンを押して「経路沿いを検索」を選択すれば、ルート沿いの飲食店やガソリンスタンドなどを探せる(1)~(3)。なお、ナビ中でも画面右の虫眼鏡のボタンを押せば同様に探せる
[画像のクリックで拡大表示]
話しかければ答えてくれる
話しかければ答えてくれる
図7 Googleマップアプリで画面右上のユーザーのアイコンを押して「設定」を押し、「ナビの設定」を選択(1)。ここで音声ガイドの音量や、音声入力の設定が可能(2)。Android端末なら、「OKグーグル」と話しかけてハンズフリーでナビを開始できる
[画像のクリックで拡大表示]
図8 ナビ中に「OKグーグル」と話しかけるか、画面上の「マイク」ボタンをタップしてから、上記のように話しかけると、スマホに触れることなくさまざまな操作が可能だ
図8 ナビ中に「OKグーグル」と話しかけるか、画面上の「マイク」ボタンをタップしてから、上記のように話しかけると、スマホに触れることなくさまざまな操作が可能だ
[画像のクリックで拡大表示]