全1477文字
PR

 「Microsoft Bookings」は、顧客向けサービスや社員向けの教育講座、職域接種などのオンライン予約で提供するアプリである。Microsoft 365 Business StandardやMicrosoft 365 Business Premiumなど、Microsoft 365の企業向けプラン(一部を除く)に加入していれば利用できる。

 Bookingsでは、サービスごとや講座ごとに予約ページを作成できる。ここでは予約ページの基となる「予約予定表」を作成し、予定ページに載せる情報を登録する方法を紹介する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更、ユーザーの環境によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

予約予定表を作成する

 Microsoft 365の「ホーム」画面で「Bookings」をクリックするとBookingsアプリが開く。次に、「今すぐ始める」をクリックする。

 ポップアップされた「予定表を選択」ウインドウには、これまで組織内で作成された予約予定表が表示される。組織内で初めて利用するときなど予約予定表がないときは、「予約予定表が1つもありません」と表示される。新しい予約予定表を作成するときは、「予約予定表を追加」をクリックする。

Microsoft Bookingsを起動した最初の画面で「今すぐ始める」をクリックする。新規で追加する場合は「予約予定表を追加」をクリックし、次の画面で「ビジネスの名前」と「業種」を入力する
Microsoft Bookingsを起動した最初の画面で「今すぐ始める」をクリックする。新規で追加する場合は「予約予定表を追加」をクリックし、次の画面で「ビジネスの名前」と「業種」を入力する
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 予約予定表では、「ビジネスの名前」と「業種」を登録する。ビジネスの名前は会社名や店名、プロジェクト名などを入力する。業種は省略できる。

 1つのMicrosoft 365のアカウントで複数の予約予定表を作成して、切り替えることも可能だ。

 「続行」をクリックすると、Microsoft Bookingsの「ホーム」画面が表示される。「ホーム」画面の上部では新機能や機能のヒントなどの情報がアイコンで表示されている。また、「予約アクティビティ」では30日間の予約や売り上げ見込みの状況も確認が可能だ。「ロゴの追加」をクリックすると、会社や店のロゴ画像を指定できる。

 画面左側の予定予約表の名称の部分をクリックして「開く」をクリックすると、他の予定予約表に切り替えることが可能だ。

Microsoft Bookingsの「ホーム」画面が表示される。この画面で予約ページに必要な項目を切り替えながら追加していく
Microsoft Bookingsの「ホーム」画面が表示される。この画面で予約ページに必要な項目を切り替えながら追加していく
[画像のクリックで拡大表示]