全1342文字
PR

 米Microsoft(マイクロソフト)のMicrosoft 365やオフィススイートには、会議で議事録を作成するために便利なツールが複数用意されている。その中から、「Microsoft OneNote」を紹介しよう。

 OneNoteは議事録やアイデア、メモをその項目ごとにノートを作成し、セクション単位で整理できるアプリだ。また、テキスト以外にも音声データも記録できる。今回はOneNoteを使って、議事録を作成し、音声を録音し管理する方法を解説する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更、ユーザーの環境によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

OneNoteで議事録を作成する

 OneNoteには、OSにプリインストールされているバージョン、OfficeアプリやMicrosoft 365で提供されているバージョンなど複数の種類がある。

 今回は、Microsoft 365のアカウントでサインインしてWeb用の OneNoteアプリを使用している。Web版であれば、アプリをインストールしていない環境でも利用が可能だ。

 OneNoteを起動し、「新しいノートブック」をクリックして、新規のノートブックを作成する。ノートブックは複数作成でき、ノートブックごとに「セクション」を作成できる。さらに「セクション」内に「ページ」を作成していくことが可能だ。

 イメージとしては、ノートブックの中に複数のタブを作成し、そのタブごとにページを追加して、情報をまとめていく感じだ。

 ページ内にはテキスト情報のほか、書式設定や画像、ファイルの挿入、マーキングなどを付けることができる。

OneNoteでは、ノートブック単位で複数のタブ(セクション)を追加し、さらにページを追加して情報を管理できる。画面では、議事録を内容ごとにまとめて管理している
OneNoteでは、ノートブック単位で複数のタブ(セクション)を追加し、さらにページを追加して情報を管理できる。画面では、議事録を内容ごとにまとめて管理している
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
本文の冒頭にキャッチとなるマーク「ノートシール」を追加できる。「描画」タブでは、文章にマーキングなどを付けて強調することも可能だ
本文の冒頭にキャッチとなるマーク「ノートシール」を追加できる。「描画」タブでは、文章にマーキングなどを付けて強調することも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]