全1548文字
PR

 米Microsoft(マイクロソフト)のOfficeアプリには、音声を使ってテキストを入力する「ディクテーション」という機能がある。WordやOutlook、PowerPoint、OneNoteの各アプリで利用可能だ。今回は、ディクテーション機能を使ってWeb版のWordで会議議事録を作成する方法を紹介する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更、ユーザーの環境によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

Wordの音声入力で議事録を作成する

 「ディクテーション」はマイクを使って音声を入力し、テキスト化する機能だ。この機能を使えば、キーボードから入力せずに音声で議事録などを作成することができる。Microsoft 365のサブスクリプション版を使っているユーザーなら利用可能だ。

 音声をテキスト化する機能に「トランスクリプト」があるが、こちらは音声ファイルを保存できるのに対し、「ディクテーション」は音声をすぐにテキスト化する機能で、音声ファイルは持たない。トランスクリプトは別の機会に紹介する。

 利用するには、「ホーム」タブの「ディクテーション」の「ディクテーション」をクリックする。初めてマイクを利用する場合は、アクセス許可の設定が必要になる。

 使用可能になると、画面下側に「ディクテーションツールバー」が表示される。音声の聞き取りが始まると、ツールバーのマイクのアイコンが赤い状態になり、Webブラウザーのタブにも赤い「●」が表示される。ディクテーションを終了する場合は、ツールバーの「ディクテーションの停止」をクリックする。

「ホーム」タブの「ディクテーション」の▼をクリックし、「ディクテーション」をクリックする
「ホーム」タブの「ディクテーション」の▼をクリックし、「ディクテーション」をクリックする
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
画面下にディクテーションツールバーが自動的に表示される。このツールバーとWebブラウザーのタブに表示されるアイコンで聞き取りが開始されていることが分かる
画面下にディクテーションツールバーが自動的に表示される。このツールバーとWebブラウザーのタブに表示されるアイコンで聞き取りが開始されていることが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 話し始めると、タイムラグがほとんどなく音声がテキスト化される。ただし、意図しない単語に誤変換されてしまう場合もある。入力されたテキストは通常の文字と同様、入力し直すことが可能だ。聞き取りを中止せずに変更できるので、確認しながら変更していこう。

音声を入力中に誤変換されてしまうことがある。入力されたテキストは、ディクテーションを中止しなくても、通常の入力と同じように修正できる
音声を入力中に誤変換されてしまうことがある。入力されたテキストは、ディクテーションを中止しなくても、通常の入力と同じように修正できる
[画像のクリックで拡大表示]