全1717文字
PR

 Microsoft 365の「Whiteboard」はデジタルのホワイトボードだ。Web会議やオンライン講座などで手描きの文字や絵を表示したり、テキストや画像などを取り込んだりできる。マウスやタッチ入力で自由に書き込めるので、アイデアをブレストするときなどに利用すれば活発な会議をしやすくなる。今回はこのWhiteboardの基本的な操作方法を紹介する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

Whiteboardアプリを利用する

 Whiteboardアプリは、PCやWeb、モバイルデバイスで利用できる。Microsoft 365の組織内のアカウントでサインインすれば、組織内でホワイトボードを共有して操作したり、Teamsでのオンライン会議で共有したりできる。この共有については、次回紹介する。

 ここではWeb版のWhiteboardアプリを使用する。Microsoft 365でWhiteboardアプリを起動するには、「ホーム」画面の「すべてのアプリ」をクリックし、「Whiteboard」をクリックする。起動時に表示された画面の「新しいホワイトボードの作成」をクリックすると、無題のホワイトボードが表示される。

最初の画面で「新しいホワイトボードの作成」をクリックすると、無題のホワイトボードが表示される。画面の左側には、選択、手描き入力、メモなどを作成する画面を表示するためのアイコンが表示されている
最初の画面で「新しいホワイトボードの作成」をクリックすると、無題のホワイトボードが表示される。画面の左側には、選択、手描き入力、メモなどを作成する画面を表示するためのアイコンが表示されている
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

手描きやテキストを入力する

 画面の左側には、「選択」、「手描き入力」、「作成」のアイコンが表示されており、初期設定ではすべてのアイコンがオンになっている。

 手描きで入力する場合は、画面上部に表示されているツールバーから好きなペンを選択し、ドラッグ操作などで手描き入力できる。

 テキストを追加するには、「作成」の「テキスト」をクリックし、右側の画面上でクリックすると、テキストボックスが表示され、テキストを追加できるようになる。後からテキストを編集するには、テキストを選択して、上部に表示されたツールバーから変更する。

画面上部のペンのアイコンをクリックし、ドラッグなどで手描き入力できる。テキストを追加するには、「作成」の「テキスト」をクリックし、任意の位置をクリックしてテキストを追加できる
画面上部のペンのアイコンをクリックし、ドラッグなどで手描き入力できる。テキストを追加するには、「作成」の「テキスト」をクリックし、任意の位置をクリックしてテキストを追加できる
[画像のクリックで拡大表示]