全1914文字
PR

 米Microsoft(マイクロソフト)のPowerPointでは、プレゼンテーション中の音声を字幕として画面に表示する「ライブキャプション」機能を利用できる。単に表示するだけでなく、字幕内容の自動翻訳も可能。音声が聞き取りづらい場所でプレゼンしたり、参加者に外国人がいたりしたときなどに有効だ。今回はライブキャプションの使い方を紹介する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更、ユーザー環境によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

ライブキャプションを設定する

 ライブキャプションは、PowerPointのスライドショー中の話し手(発表者側)の音声を、文字に変えて字幕として表示できる機能だ。音声が聞き取りづらい場合や、音声が出力できないデバイスを利用しているときなどに、文字で音声を確認できる。また、話し手が日本語の場合でも、英語や中国語などに翻訳した字幕としても確認できるのが特徴だ。

 Web用のPowerPointまたはMicrosoft 365サブスクリプション版のPowerPointで利用できる。

 ライブキャプションを設定するには、「スライドショー」タブの「常に字幕を使用する」ボタンをクリックする。この操作だけで、スライドショー中に字幕を表示可能だ。

 字幕の位置や字幕の言語を変更するには、「常に字幕を使用する」ボタンの▼をクリックし、表示された一覧から指定できる。「話し手の言語」ではPowerPointが音声認識できる言語を一覧から確認し、その言語を選択する。「字幕の言語」では、話し手の言語をどの言語で表示するか指定する。既定では、話し手と同じ言語が選択されているが、異なる言語を選択すれば翻訳して表示される。

 「常に字幕を使用する」ボタンの▼から「オーディオの設定」をクリックすると、「オーディオ設定」画面が右側に表示され、話し手と字幕の言語をまとめて指定可能だ。

字幕を表示するには、「スライドショー」タブの「常に字幕を使用する」ボタンをクリックする
字幕を表示するには、「スライドショー」タブの「常に字幕を使用する」ボタンをクリックする
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
「常に字幕を使用する」ボタンの▼をクリックすると、字幕の位置や字幕の言語を指定できる。「オーディオの設定」をクリックすると、右側に「オーディオ設定」画面が表示され、話す側と表示される字幕の言語をまとめて設定できる
「常に字幕を使用する」ボタンの▼をクリックすると、字幕の位置や字幕の言語を指定できる。「オーディオの設定」をクリックすると、右側に「オーディオ設定」画面が表示され、話す側と表示される字幕の言語をまとめて設定できる
[画像のクリックで拡大表示]