全1746文字
PR

 Microsoft 365には、Outlook、Teams、To Do、Plannerなどのタスク管理ツールが備わっている。この中で個人向けのタスク管理として用意されているのがTo Doである。

 To Doでタスクを管理すれば、Outlookのメッセージや共有タスク管理のPlannerとも連携できて便利だ。Teamsをハブにして、共有タスクと個人タスクを1画面で同時に表示させて確認することも可能になる。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

「To Do」アプリを利用する

 「To Do」アプリは、やることを管理するためのアプリだ。やるべきことを入力してリスト化し、終わったら完了済みにしていけばよい。操作自体はごくごくシンプルなものだ。ここでは、Webブラウザーを使って「To Do」アプリの操作を確認する。Webブラウザー上では、「To Do」アプリとWeb版のOutlookが統合されており、メッセージをタスクに追加することができる。

 最初の画面では「今日の予定」が表示される。「タスクの追加」をクリックしてやるべき作業や確認事項などを追加する。右側の星印をクリックすると、重要度の高いタスクに指定でき、画面左側の「重要」をクリックすると表示できる。

最初に表示された画面で「タスクの追加」をクリックしてタスクを入力していく
最初に表示された画面で「タスクの追加」をクリックしてタスクを入力していく
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 入力済みのタスクをクリックすると、右側に詳細画面が表示される。ここでは、タスクの期限やラベル付け、添付ファイルなどを追加できる。

タスクをクリックすると、右側に詳細画面が表示される。ここでは期限の設定やメモなどを入力できる
タスクをクリックすると、右側に詳細画面が表示される。ここでは期限の設定やメモなどを入力できる
[画像のクリックで拡大表示]

 タスクが完了したら、タスクの左側にある○をクリックして完了済みにする。 完了済みにしたタスクは、「完了済み」の項目に移動し、取り消し線が引かれる。

完了したタスクは、タスクの左側の〇をクリックして完了の状態にする
完了したタスクは、タスクの左側の〇をクリックして完了の状態にする
[画像のクリックで拡大表示]