全1258文字
PR

 プロジェクトのタスクをMicrosoft 365のPlannerで効率的に管理するには、担当者のいないタスクや遅延しているタスクを見極めてきちんと対処することが重要になる。Plannerで対処すべきタスクをすぐに検索する方法を解説する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

担当者のいないタスクを確認する

 タスクを作成しても担当者がいない場合は、いつまでも完了しない。「ボード」内のタスクで担当者が割り当てられていないタスクを確認するには、画面右上の「フィルター」をクリックする。表示されたメニューの一覧には、日付や優先度、進行状況などのほか、キーワードを入力して該当するタスクだけを表示する検索用の入力欄がある。

 担当者のいないタスクを表示するには、「フィルター」のメニュー一覧にある「未割り当て」をクリックする。「ボード」画面には担当者のいないタスクだけが表示される。

担当者のいないタスクは、画面右上の「フィルター」をクリックし、一覧から「未割り当て」をクリックする
担当者のいないタスクは、画面右上の「フィルター」をクリックし、一覧から「未割り当て」をクリックする
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 担当者のいないタスクに、あらためて担当者を割り当てるには、タスクの右側の「…」をクリックし、「割り当てる」をクリックする。下にプラン内のユーザーが表示されるので担当者にするユーザーを選択する。

タスクの右側の「…」をクリックし、「割り当てる」をクリックして担当者を割り当てる
タスクの右側の「…」をクリックし、「割り当てる」をクリックして担当者を割り当てる
[画像のクリックで拡大表示]