全1420文字
PR

 Microsoft 365の「To Do」では個人のタスクや自分に割り当てられたタスクを、「Planner」ではプランごとの共有のタスクを管理できる。これらのアプリで登録したタスクは、「Teams」を使えば一元管理が可能だ。実際に、これらのアプリを「Teams」に追加して利用してみよう。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

「Planner」アプリでタスクを管理する

 「Planner」アプリで追加したタスクは、「To Do」アプリで自分の担当分のタスクとして確認することが可能だ。「To Do」アプリの画面で「自分に割り当て」をクリックする。右側に「To Do」アプリや「Planner」アプリで自分が担当になっているタスクが一覧で表示される。

「To Do」アプリの「自分に割り当て」では「To Do」アプリや「Planner」アプリで自分が担当になっているタスクが確認できる
「To Do」アプリの「自分に割り当て」では「To Do」アプリや「Planner」アプリで自分が担当になっているタスクが確認できる
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここに表示されていない場合は、「To Do」アプリの右上にある「設定」をクリックする。右に表示された画面の「To Do(Outlook)」の「To Do設定」をクリックする。「設定」画面の「接続されているアプリ」で「Planner」がオンになっていることを確認する。

「To Do」アプリの「設定」画面で「Planner」アプリに接続されているかを確認する
「To Do」アプリの「設定」画面で「Planner」アプリに接続されているかを確認する
[画像のクリックで拡大表示]

「Teams」のチャネルのタブに「Planner」を追加する

 複数のユーザーやチームで共同作業が可能な「Teams」アプリで、チーム内のチャネルのタブに「Planner」アプリを追加できる。追加するには、画面上部の「+」(タブを追加)をクリックし、「タブを追加」画面で、「PlannerおよびTo DoによるTasks」をクリックする。次の画面で新しいプランを作成するか、チームの既存のプランを追加するかを指定して「保存」をクリックする。

「+」をクリックし、「タブを追加」画面で「PlannerおよびTo DoによるTasks」をクリックして、プランの作成方法を指定して「保存」をクリックする
「+」をクリックし、「タブを追加」画面で「PlannerおよびTo DoによるTasks」をクリックして、プランの作成方法を指定して「保存」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

 指定した方法で「Planner」のタブが作成され、プランのタスクが表示される。今回は、既存のプランをチームに作成する方法を選んだため、すでに作成したタスクが表示され、確認できる。「Planner」アプリと同様の操作でタスクを追加が可能だ。

追加したタブに「Planner」アプリのプランが表示される。「Planner」アプリ同様、タスクを追加できる
追加したタブに「Planner」アプリのプランが表示される。「Planner」アプリ同様、タスクを追加できる
[画像のクリックで拡大表示]