全1191文字
PR

 Microsoft Swayはシンプルな操作で、見栄えのよいプレゼンテーション資料やニュースレター、リポート、写真アルバムなどを作成できるアプリケーションである。今回は、このSwayの使い方を紹介する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeやアプリのバージョン、仕様変更、ユーザー環境によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

完成イメージを確認してから操作してみる

 Swayには、無料版と有料版がある。Microsoft 365のサブスクリプションを利用しているユーザーは、有料版のSwayを利用でき、より多くのコンテンツが楽しめる。

 Swayは複雑な操作をせずに、複数のデバイスに最適なデザインが自動的に適用される。また、アニメーションなども自動設定されるので、どのような効果が適しているかなどで迷うことはない。ただし、PowerPointと比べると、書式設定などが細かく設定できない、発表時の配布資料などは作成できない。また、他のユーザーに配布したい場合は、WordやPDF形式にエクスポートして配布するか、共有する必要がある。

 Swayでどのようなものが作成できるか、完成イメージを確認したい場合は、Swayの起動直後の画面にある「おすすめのSways」で確認してみよう。

「Sway」を起動すると、新規作成のアイコンや「おすすめのSways」が表示される。一から作成する場合は「新しい空白のSway」、既存のWordやPowerPointファイルから作成する場合は「ドキュメントから開始」を選ぶ。手軽に作成したいときは、テンプレートからテーマに合ったものをクリックする。下側の「おすすめのSways」では完成したイメージを確認できるので、どのような感じになるかを確認してみるのもよい
「Sway」を起動すると、新規作成のアイコンや「おすすめのSways」が表示される。一から作成する場合は「新しい空白のSway」、既存のWordやPowerPointファイルから作成する場合は「ドキュメントから開始」を選ぶ。手軽に作成したいときは、テンプレートからテーマに合ったものをクリックする。下側の「おすすめのSways」では完成したイメージを確認できるので、どのような感じになるかを確認してみるのもよい
(出所:筆者作成、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 手っ取り早く作成したいなら、テンプレートを利用するとよい。コンテンツがどのような構成で作成されているかを確認するためにも一度テンプレートで操作してみよう。

作成したいイメージに近いテンプレートを選んだら、順番に要素を入力して、最後にアレンジするだけで完成する。テンプレートを選択したときに表示された「このSwayの編集を始める」をクリックすると、テンプレートの内容を変更できる
作成したいイメージに近いテンプレートを選んだら、順番に要素を入力して、最後にアレンジするだけで完成する。テンプレートを選択したときに表示された「このSwayの編集を始める」をクリックすると、テンプレートの内容を変更できる
[画像のクリックで拡大表示]