全1918文字
PR

 Microsoft 365でこれから更新される機能の情報やその時期などは「メッセージセンター」にまとめられている。ただ、メッセージセンターはMicrosoft 365管理センターの中にあり、システム管理者しか見ることができない。管理者がメッセージセンターの機能を使って管理者でないユーザーにメールを使って共有できるが、メッセージごとにメールアドレスを設定するので面倒だ。

関連記事 Microsoft 365の機能更新をいち早くキャッチ、メッセージセンターを使いこなす

 そんなときは、Microsoft Plannerと連携させてメッセージセンターの情報をタスクとして管理すると便利だ。Planner上でメッセージセンターの情報を社内共有できる。今回はこの方法を解説しよう。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

Plannerにメッセージセンターの情報を表示する

 Microsoft 365で提供されているPlannerアプリは、社内の共有タスクを管理できる。このPlannerに、メッセージセンターの情報を同期させて表示させよう。なお、Plannerの基本操作は次の記事で解説しているので、操作に慣れていない人は参考にしてほしい。

関連記事 プロジェクトを始めたらMicrosoft Plannerを活用、共有タスクを楽々管理 Microsoft Plannerでやっておきたいタスクの詳細設定、まとめて作業すれば時間短縮 Microsoft Plannerでプロジェクトの問題を見逃すな、タスクの効率的な管理法

 まず、システム管理者の権限があるアカウントでサインインし、Microsoft 365管理センターを開く。「Microsoft 365管理センター」画面で「正常性」の「メッセージセンター」をクリックする。「メッセージセンター」画面の上部にある「Plannerの同期」をクリックし、右側に表示された「Plannerの同期」画面で「同期の設定」をクリックする。

「メッセージセンター」画面を表示し、画面上部の「Plannerの同期」をクリックする。右側に表示された画面の「同期の設定」をクリックする
「メッセージセンター」画面を表示し、画面上部の「Plannerの同期」をクリックする。右側に表示された画面の「同期の設定」をクリックする
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]