全2101文字
PR

 Microsoft 365でOfficeアプリを利用できるプランを契約しているときは、ユーザー1人当たり5台のパソコン(Windows PCまたはMac)、5台のタブレット、5台のスマートフォンにOfficeアプリをインストールが可能だ。今回はこのインストール方法やインストールした端末の管理方法を解説する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

Officeアプリをインストールする

 Officeアプリをインストールするには、Microsoft 365のアカウントでサインインして表示される「ホーム」画面で、「Officeのインストール」から「プレミアムOfficeアプリ」「ソフトウェアのインストール」「Office 365アプリ」といったアプリのインストールに関する文字が表示されるのでそれをクリックする。インストールするファイルのダウンロードを促す画面が表示されたら、「開く」または「名前を付けて保存」をクリックしてファイルをダウンロードし、そのSetup.exeをダブルクリックなどで実行する。なお、Webブラウザーによって画面表示が異なる場合がある。

Microsoft 365の「ホーム」画面の「Officeのインストール」をクリックし、「プレミアムOfficeアプリ」をクリックする
Microsoft 365の「ホーム」画面の「Officeのインストール」をクリックし、「プレミアムOfficeアプリ」をクリックする
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
インストールを実行するファイルをダウンロードして、「開く」または「名前を付けて保存」をクリックして、保存先を指定する
インストールを実行するファイルをダウンロードして、「開く」または「名前を付けて保存」をクリックして、保存先を指定する
[画像のクリックで拡大表示]

 画面の指示に従って作業をすると、Officeアプリのインストールが完了する。インストールはバックグラウンドで実行できるので、インストール中に他の作業に取りかかることも可能だ。

ダウンロードが完了し、インストールが実行される。インストールが完了したら、「閉じる」をクリックする
ダウンロードが完了し、インストールが実行される。インストールが完了したら、「閉じる」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]