全1079文字
PR

 「Microsoft Search」はMicrosoft 365の検索機能で、OfficeアプリやMicrosoft Edgeなどから利用できる。キーワードを入力すると、インターネット上の情報に加えて、ローカルや組織内のファイル、連絡先を対象にした検索結果を表示する。便利な機能なので使っている人もいるだろう。今回は、EdgeやOfficeアプリからMicrosoft Searchを利用する方法を紹介する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

EdgeからMicrosoft Searchを利用する

 Microsoft Searchは、OfficeアプリやEdgeでアクセスしたMicrosoft Bingの「検索」ボックスから利用できる。Microsoft 365の組織アカウントでサインインしていれば、Microsoft Searchを使って組織内の情報までを検索できるようになる。

Microsoft Bingのホーム画面の「ログイン」をクリックし、「アカウント」の「職場または学校アカウント」の「接続」をクリックして、Microsoft 365のアカウントでサインインする
Microsoft Bingのホーム画面の「ログイン」をクリックし、「アカウント」の「職場または学校アカウント」の「接続」をクリックして、Microsoft 365のアカウントでサインインする
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Microsoft Bingの「検索」ボックスに検索したいキーワードを入力して「Enter」キーを押すと、そのキーワードに合致した情報が「すべて」のタブに表示される。また、内容によって「画像」「動画」「地図」といったタブに分類される。

Bingの「検索」ボックスに検索したいキーワードを入力すると、そのキーワードに合致した情報が表示される
Bingの「検索」ボックスに検索したいキーワードを入力すると、そのキーワードに合致した情報が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 Microsoft 365の組織内のアカウントでサインインしている場合は、「職場」タブに組織内のファイルや連絡先が表示される。ここで表示されるファイルは、組織内で共有されているファイルや所属しているグループ内のファイルである。連絡先は、組織内のユーザーや自分とやり取りしたメールの相手である。

Microsoft 365の組織のアカウントでサインインしている場合は、「職場」をクリックすると組織内のファイルや連絡先が表示される
Microsoft 365の組織のアカウントでサインインしている場合は、「職場」をクリックすると組織内のファイルや連絡先が表示される
[画像のクリックで拡大表示]
システム管理者が検索結果で地図が優先的に表示されるように設定すると、先頭に地図が表示される。画面は「日経BP」と検索した場合
システム管理者が検索結果で地図が優先的に表示されるように設定すると、先頭に地図が表示される。画面は「日経BP」と検索した場合
[画像のクリックで拡大表示]