全825文字
PR

 Microsoft 365の検索機能である「Microsoft Search」の「検索」ボックスを通して組織内のユーザーを検索できる。ユーザーの連絡先や予定表のほか、これまでやりとりした会話や共有したファイルも確認できる。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更、環境によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

Microsoft Searchでユーザーを検索する

 ユーザーを検索するときはまず、EdgeなどのWebブラウザーで検索サイトのMicrosoft Bingを開く。Microsoft 365の組織アカウントでサインインした状態で「検索」ボックスにユーザー名やアドレスなどを入力して検索を実行すると、検索結果の先頭に組織内で検索したユーザーの情報が表示される。

 表示されたユーザー名の部分をクリックすると、そのユーザーのアドレスや作業ファイルなどの詳細な情報を確認できる。

Microsoft 365の組織アカウントでサインインした状態で、Bingの「検索」ボックスに検索したいユーザー名を入力して検索を実行する。表示されたユーザー名をクリックすると詳細な情報が表示される
Microsoft 365の組織アカウントでサインインした状態で、Bingの「検索」ボックスに検索したいユーザー名を入力して検索を実行する。表示されたユーザー名をクリックすると詳細な情報が表示される
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 検索結果のページの「すべての結果を表示」や「職場」タブをクリックすると、そのユーザーが使用した共有ファイルやメールの添付ファイル、表示可能な権限があるファイル、連絡先、チャット機能のTeamsで過去にやりとりした会話が表示される。画面左側にある「連絡先」「ファイル」「会話」などで絞り込みもできる。

「職場」タブをクリックすると、組織内の検索したユーザーに合致する情報が表示される。作業したファイルや連絡先の情報が確認できる
「職場」タブをクリックすると、組織内の検索したユーザーに合致する情報が表示される。作業したファイルや連絡先の情報が確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
「会話」で絞り込みすると、Teamsでチャットした会話の履歴が表示される。会話の履歴が表示されず「同僚とチェックイン」と表示された場合は、会話したユーザーをクリックすると表示できる
「会話」で絞り込みすると、Teamsでチャットした会話の履歴が表示される。会話の履歴が表示されず「同僚とチェックイン」と表示された場合は、会話したユーザーをクリックすると表示できる
[画像のクリックで拡大表示]