全1255文字
PR

 Microsoft 365で提供される「Microsoft Bookings」は、簡単な操作で予約ページを作成できるアプリだ。店舗を運営している場合、顧客からの予約を登録したり、接客業なら顧客に対応するスタッフの予定を管理したりできる。一般の企業なら希望者だけが受講する講座や新型コロナウイルスワクチンの職域接種の予約などにも応用可能だ。

 Microsoft Bookingsは、Outlookの予定表とも連動しているため、社員の予定が重複するといったトラブル防止にも役立つ。今回はMicrosoft Bookingsの概要を説明しよう。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更、環境によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

Microsoft Bookingsを利用できる365のプラン

 まずはMicrosoft Bookingsを利用できるMicrosoft 365のプランを確認する。原稿執筆時点で利用できるプランは次の通りだ。

・Microsoft 365 Business Standard
・Microsoft 365 Business Premium
・Microsoft 365 A3、A5、E3、E5、F1、F3の各プラン

 Microsoft Bookingsで作成できる予約ページは次のようなイメージだ。提供されているサービス名と、予約日時、スタッフを選び、自分の連絡先などを入力する。

Microsoft Bookingsで作成した予約ページの例。提供されているサービスを選び、予約の日時やスタッフを指定して、自分の連絡先などを入力して予約できる
Microsoft Bookingsで作成した予約ページの例。提供されているサービスを選び、予約の日時やスタッフを指定して、自分の連絡先などを入力して予約できる
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 空予約を防いだり、メールアドレスを確認したりする機能も備わっている。例えば、予約時に入力したメールアドレスにワンタイムパスワードを送って、そのパスワードを入力することで予約を確定させる設定が可能だ。こうすれば、他人のメールアドレスを使って予約する行為や、メールアドレスの入力ミスを防げる。

予約時に指定したメールアドレスにワンタイムパスワードを送信して、そのワンタイムパスワードを入力後に予約を確定するような設定も可能
予約時に指定したメールアドレスにワンタイムパスワードを送信して、そのワンタイムパスワードを入力後に予約を確定するような設定も可能
[画像のクリックで拡大表示]