全1771文字
PR

 既にある程度進んでいるプロジェクトに、応援要員として途中参加した経験はないでしょうか。どっさりと過去の検討資料が入ったフォルダーを指定されて「読んでキャッチアップしておいてね!」と言われるものです。早めに内容を理解して活躍したいのはやまやまですが、大量の資料を前に困惑してしまいます。

 今回は、こんなときに手間なく最短距離でキャッチアップするテクニックを紹介します。筆者は日常的に実践していて、「どうしてそんなにキャッチアップが早いの?」と驚かれることもしばしばです。

プロジェクトに途中参加、どうキャッチアップしたらよいか困惑
プロジェクトに途中参加、どうキャッチアップしたらよいか困惑
[画像のクリックで拡大表示]

 プロジェクトの全容を把握するには、全ての文書を読み込まなくてはいけないわけではありません。重要なポイントだけが押さえられれば、十分キャッチアップできます。

 以前このコラムで、想像力があるリーダーとないリーダーの違いを取り上げました。想像力があるリーダーは、「四隅を押さえて中身を想像できる」と解説しました。手間なくキャッチアップするための方法もこれに似ています。

 では、重要なポイントをどう見つければよいのでしょうか。意識すべきことは3つあります。