全2806文字
PR

 米Apple(アップル)の最新スマホ「iPhone 13」が、2021年9月24日に日本で発売された。フルモデルチェンジとなった前モデルの後継機種として、カメラ性能やバッテリーの持ちを改善したとうたっている。

iPhone 13(左)とiPhone 13 Pro Max(右)
iPhone 13(左)とiPhone 13 Pro Max(右)
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 果たして買い替えるほどの違いはあるのか。本記事では「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro Max」のファーストインプレッションをお届けする。

「ノッチ」の幅は狭く、「Pro」は120Hz表示にも対応

 iPhone 13本体のデザインは平たい板状で、前世代のiPhone 12を踏襲している。重さはiPhone 13が173gと、iPhone 12の162gより11g増えている。iPhone 12と持ち比べてみると、iPhone 13は体感で重くなったと感じるレベルだ。同様にiPhone 13 Pro Maxは238gと、iPhone 12 Pro Maxより12g増えている。

iPhone 13(左)とiPhone 13 Pro Max(右)
iPhone 13(左)とiPhone 13 Pro Max(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneの特徴的な外観である画面上部の切り欠き(ノッチ)は幅が狭くなり、ノッチの左右に表示される時計やアンテナピクトの周囲に余裕が生まれている。表示領域は広がったものの、今のところこれを生かした新機能はないようだ。

iPhone 12(上)に比べてiPhone 13(下)はノッチの幅が狭い
iPhone 12(上)に比べてiPhone 13(下)はノッチの幅が狭い
[画像のクリックで拡大表示]