全2492文字
PR

 米Apple(アップル)のiPhone 13シリーズが発売された。今回のiPhoneにはLightningポートからUSB Type-Cポートへの変更、マスク社会に合わせたTouch IDの採用、日本販売モデルの5Gミリ波対応などが期待されていたのはご存じだと思う。だがこれらは残念ながら実現しなかった。チップやカメラ機能などの強化点はあるが、歴代のiPhoneシリーズの中において話題性は低いほうだと感じている。

 筆者が個人的に注目していたのは、小型のiPhone 12 miniの後継モデルだ。iPhone 12 miniは、iPhone 12シリーズの4モデルの中で売れ行きが不振だという噂が報じられていた。小型のiPhoneとして、コストパフォーマンスの高いiPhone SE(第2世代)があるからかもしれない。

 とは言え結局iPhone 13 miniは発売され、iPhone 12 miniユーザーだった筆者はiPhone 13 miniを購入した。以下、実機レビューをお伝えする。

アップルのiPhone 13 mini
アップルのiPhone 13 mini
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

体感速度とディスプレーに対する満足度は変わらない

 まず全体的な体感速度だが、iPhone 13 miniはProシリーズと同じA15 Bionicを搭載している。実際に使ってみて、体感速度に関してはまったく不満がない。実のところ、iPhone 12 miniでも不満はなかったので、この点は変わらない。

 ディスプレーに関しても満足度の変化はない。サイズはiPhone 12 miniと同じ5.4インチで解像度も2340×1080ピクセルで同じだ。ただしTrueDepthカメラのノッチの面積がiPhone 12 miniより小さくなっている。iPhone 12 miniではフルスクリーンでNetflixなどの動画を見る際にノッチが邪魔な印象があったが、iPhone 13ではその印象が軽減されている。

カメラは大幅なバージョンアップ

 カメラに関してはどのように感じたか。iPhone 13 miniのカメラは広角・超広角の2眼。2倍の光学ズームアウトと最大5倍のデジタルズームに対応している。またiPhone 12 Pro Maxに搭載されていた1.7μmピクセルのセンサーとセンサーシフト光学式手ぶれ補正を搭載している。大幅なバージョンアップと言えるだろう。

カメラは広角と超広角の2眼となっている
カメラは広角と超広角の2眼となっている
[画像のクリックで拡大表示]

 また新機能「フォトグラフスタイル」を搭載した。写真効果を画面で確認しながら撮影できる。写真を加工して楽しんでいるユーザーは、加工した状態で撮影できるので便利に使えると思う。

フォトグラフスタイルの説明画面
フォトグラフスタイルの説明画面
[画像のクリックで拡大表示]