全2497文字
PR
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 毎年1台は新しいiPhoneを買っている筆者が、2021年の秋に買ったのはiPhone 13 Pro。ほとんど迷うことなく一択だった。その理由と実際に使った印象について述べたい。

写真撮影を満喫するには望遠カメラとLiDARスキャナーは必須

 筆者は2年間使っていたiPhone 11 ProをiPhone 13 Proに機種変更した。2020年に発売されたiPhone 12シリーズは5G対応という大きなトピックはあったが、カメラに大きな進化はなかったのでiPhone 12 Proの購入は見送った。その代わり、コンパクトなiPhone 12 miniを購入して使い勝手を試してみた。

 つまり、この1年はiPhone 11 ProとiPhone 12 miniを併用していたわけだが、iPhone 12 miniを持ち歩いたのは購入後1〜2カ月ほどで、メインで使い続けたのはiPhone 11 Proだった。5.8インチ画面で横幅71.4mmというサイズは、何をするにもちょうどよく、カメラの性能にも満足していた。

 なので、2021年秋のiPhone 13シリーズ4機種の中での本命は、iPhone 11 Proの流れをくむiPhone 13 Proだった。iPhone 12シリーズでは、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのカメラの性能に若干差はあったが、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxはスペックシートを見比べる限り、同じようだ。となると、持ちやすくて、価格が安いiPhone 13 Proを選ぶのが得策だ。

持ちやすいサイズ感のボディーにトリプルレンズカメラを搭載したiPhone 13 Pro
持ちやすいサイズ感のボディーにトリプルレンズカメラを搭載したiPhone 13 Pro
[画像のクリックで拡大表示]

 無印のiPhone 13のカメラ機能も進化し、iPhone 13 Proに近づいた印象を受けたが、個人的に望遠カメラは必須。遠くにある物を撮る機会はそんなに多くはないが、物や料理を撮る際に重宝する。被写体から離れて撮れるので、スマホが影になるのを避けられ、ひずみも抑えられる。また、暗い場所での撮影で威力を発揮する「LiDARスキャナー」を搭載していることもiPhone 13 Proのアドバンテージだ。さらに、マクロ撮影にも対応するなど、無印とProのカメラ差分は大きい。

 アップルストアでの税込み価格は、iPhone 13(128GB)が9万8800円で、iPhone 13 Pro(128GB)が12万2800円。2万4000円の価格差をどう捉えるかは人によって異なるだろうが、筆者はProにはその価値があると考えた次第だ。