これまでWindowsだけを使ってきた伝統的企業で、Macの業務利用を解禁する動きが始まっている。モバイルアプリケーションやクラウド・ネーティブ・アプリケーションの開発と親和性の高いMacの利用を希望する業務部門の声に応えるためだ。しかし「野放しMac」は企業にとって大きなリスク要因になりかねない。Macを業務で使いたい、という要望に情報システム部門はどう応えるべきか。Macを安全に活用するためのノウハウを解説する。