全2525文字
PR
abaが開発した「Helppad(ヘルプパッド)」
abaが開発した「Helppad(ヘルプパッド)」
パラマウントベッドと共同で製品化している。(出所:aba、宇井氏の発表スライドより)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発のきっかけになったのは「オムツを開けずに中を見たい」という介護職員の声だった。自分でトイレにいけない要介護者のオムツ交換は、介護の大きな負担になっている。ある施設では1日に延べ15時間以上を要しているが、その20~30%は「空振り」と呼ばれるオムツを開けたけれど排せつがないケース。一方で職員が長時間排せつに気づかないと要介護者のQOL(Quality Of Life)に響くし、それでオムツの外に尿や便が漏れてしまうと、その後始末には通常のオムツ交換の10倍以上の時間がかかるとされる。排せつの管理が「もっとも大変な介護作業」と言われるゆえんだ。

 Helppadは「オムツを替えてほしい」という高齢者の声と、「オムツを開けずに中を見たい」という介護職員の声をつなぐ。シートの中にあるにおいセンサーのデータがクラウドに上がって処理され、Webアプリやスマホアプリで状況を閲覧したり、アラートを受けとれたりする。

においセンサーを内蔵して排せつを非接触で検知する
においセンサーを内蔵して排せつを非接触で検知する
(出所:aba、宇井氏の発表スライドより)
[画像のクリックで拡大表示]

 ベッドに敷くだけで排せつが分かるにおいセンシング技術と、尿と便を検知可能なAI技術組みあわせて非接触で要介護者の排せつを検知するシステムに仕上げた。特筆すべきはそうして得たデータを解析して、要介護者ごとの排せつパターン表を自動生成する機能だ。一般的な介護施設では入居者の排せつ状況を紙で記録している。一部の施設では機械を使って記録や集計をしているが、そのためのセンサーを体に装着する必要があり、要介護者に嫌がられている。便の検知も難しいものが多いという。