全3177文字
PR

 オフィス移転で重要なのが、机上でカバーできないさまざまな現地作業だ。経験しなければ分からない「落とし穴」が多数存在する。現地で起こる作業の注意点をチェックリストにまとめた。これに沿って解説しよう。

経験して初めて気づく注意点は多い
経験して初めて気づく注意点は多い
[画像のクリックで拡大表示]

工事の「ABC」を知る

 まず物理的な工事について、最低限知っておきたいのが費用負担だ。移転する企業は、自社所有でない限りテナントとしてオフィススペースを借りる。このため工事の内容によって費用の負担が変わる。その内容によって、工事は「A工事」「B工事」「C工事」の3種類に分類される。

オフィス工事の分類
オフィス工事の分類
[画像のクリックで拡大表示]

 A工事はエレベーターや廊下などの共用部、柱や壁などビルの構造部分に関する、ビル運営に必要となる工事だ。ビル所有者が業者を選定し、費用もビル所有者が負担する。ネットワーク関連でA工事に分類されるものは多くない。

 次にB工事だ。テナントの都合で必要となる共用部や構造部分に対する工事を指す。例えばサーバーラック設置の際、耐震のためビルの構造部にアンカーボルトを打ち込む工事はB工事となるケースが多い。ビル所有者が業者を選ぶが、費用はテナントが負担する。

 最後にC工事だ。ビルの構造部分に影響を与えない範囲で、テナント都合により実施する工事を指す。フリーアクセスフロアを通すLAN配線などがC工事に当たる。業者の選定と費用の負担はいずれもテナントの役割となる。

 工事の分類は作業ごとにビル所有者側が決めている場合が多い。このため他のビルでB工事となるものがA工事となったり、C工事となったりすることがあり得る。トラブルを防ぐため、現地設備を触る際は必ず工事の分類をビル所有者へ確認しよう。

 B工事はテナント側で業者を選定できないので、施工までに時間がかかることが多い。可能な限りC工事の範囲に収めるため、構造部分に影響を及ぼさず工事の自由度を高める方法を使う。「ふかし壁」の設置はその一例だ。

「ふかし壁」で壁の裏にケーブルを通す
「ふかし壁」で壁の裏にケーブルを通す
[画像のクリックで拡大表示]

 ふかし壁は、ビル本来の壁の上にテナント側で設置する壁のこと。テナントは壁に穴を開けることなく、壁裏に配線できるようになる。会議室予約システム用タブレットの壁面設置などが要件にある場合は、ふかし壁の設置を検討するといいだろう。