全4040文字
PR

自動ブレーキの夜間性能で、ホンダの小型車「フィット」が強さを見せた。主要センサーを単眼カメラに絞り込み、JNCAPの最新試験で最高点を獲得した。フランスValeo(ヴァレオ)の新型カメラを採用したことが高得点に寄与した。JNCAP試験は24~25年にかけて厳しさを増すが、この新型カメラで乗り切れるという。

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が行った「日本の自動車アセスメントプログラム(JNCAP)」の最新(20年度)の予防安全性能評価において、ホンダの小型車「フィット」が夜間歩行者を対象にした自動ブレーキ試験で最高点(満点)を獲得した(図1)。

(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 夜間歩行者を対象にした自動ブレーキ試験(20年度)
(a)街灯がある環境と(b)街灯がない環境における試験の様子。試験車両はホンダのフィットである。(出所:NASVA)