物流や農業、社会インフラや設備の点検、防災などの分野で活用が期待されるドローンだが、意外な領域に用途が広がりつつある。象徴的なのは、2021年7月の東京オリンピックの開会式で披露された1824機のドローン編隊によるスペクタクルショーである。本特集は、こうしたドローンの奇想天外な活用事例を取り上げる。共通するのは、ドローンが社会の多様な場面で役立つことを訴求したいとの思いだ。