全2037文字
PR

 現在、新型コロナウイルスや地球温暖化といった世界規模の課題を見聞きしない日はありません。そんな中、自分たちのパーパス(存在意義)について考える機会が増えていると感じます。私や皆さんが考える最も根源的なパーパス、それは「個人・組織・企業は、環境や社会をより良くするために活動するのだ」というものではないでしょうか。

[画像のクリックで拡大表示]

変革を継続的に起こすことで、“稼ぐ力”を高め環境や社会をより良い方向に導く貢献が必要です

 ひるがえって現在の世界は、市場・競合・テクノロジーの変化が激しく、不確実性が著しく高い「VUCA」の時代といわれます。企業がこのような時代を勝ち抜き、世の中をより良いものにするために活動し続けるには、経営・事業のサステナビリティを高めることが不可欠です。企業・組織自体が倒れれば、環境や社会をより良くするための活動も潰えてしまうからです。

 そこで重要なのがDXです。デジタル技術とデータを駆使し、経営・事業の変革を進める。“稼ぐ力”を高め、事業継続性を強化します。

 DX自体もサステナブルでなければいけません。変革を継続的に起こすことで、より大きな収益を得て、環境や社会をより良い方向へ導くための貢献度を高める──。これが、多くの企業に共通するパーパスになっていると感じます。

経営・事業の持続的な変革へDX推進の3つのポイント

 サステナブルなDXを推進するためのポイントは次の3つだと考えています。

 1つ目は、今日まで積み重ねてきた競争力を変革する強い決意、すなわちコミットメントです。企業には事業領域ごとに独自の強みが込められ、競争力の源泉となっています。何を変え、何を残すのかを判断・決断することで、新しい時代に向けた変革につなげるのです。

 2つ目は、このコミットメントを具体化する上で必要な、DX全体を統括する組織の存在です。全社のDX戦略を策定し、複数のDXテーマを統合的に推進するには、司令塔となる組織が不可欠です。経営層が関わるのはもちろん、事業部門、コーポレート、スタッフ部門、製造部門などから人材を集めて、イノベーティブな文化を醸成する。経営・事業を理解し、ITで課題を解決する力を持ったパートナーとの連携も不可欠といえます。

 最後の3つ目が、全社的なDX推進の仕組みです。経営が変革にコミットして組織を作っても、それだけで変革は起こりません。全社的なDX戦略、全社横断のデータガバナンス、標準化された統合プラットフォームなど、取り組みを推進する仕組みや仕掛けが整って初めて変革は起こり、継続するのです。

共創パートナーとして顧客企業の課題解決を支援

 既に3つのポイントを押さえ、力強くDXを推進する企業が多数登場していますが、ここでは当社がかかわった例を紹介します。

 マブチモーターは経営戦略に伴い海外生産が進む中で、拠点ごとのデータや知見の分散に課題を感じていました。その中で、企業全体で技術情報を一元管理し、業務効率化やデータ活用につなげることで、さらなる成長を実現しようとしたのです。その実現に向けたプロジェクトに当社はご一緒させていただきました。

 経営トップをはじめ、改革推進組織である事業基盤改革推進本部と現場の強い連携によって、全社的に技術系基幹システムの導入を進める体制を構築し、プロジェクトを進めています。

 全社的な業務改革推進の仕組み作りにも抜かりはなく、データ統制に加えて、データ共通プラットフォームの構築、業務システムの標準化に取り組んでいます。

 これらが実現することで、より広範囲な情報からインサイトを得て、経営・事業の強化に役立て、持続的な変革が続けられるようになっていくわけです。

 当社は、このプロジェクトで重要な役割を担う部品や工程などの技術情報を一元管理するシステム導入を共に推進しました。共創パートナーとして、当社の持つITによる課題解決能力と製造業の業務への知見を生かし、1500回に及ぶセッションを実施。ビジョンや目的を共有し、お客様の取り組みに伴走しています。

 セッションの中では、異なったシステムに格納されていた技術情報を新システムに対応して標準化する指針づくりなどを実施。海外拠点にも頻繁に足を運んでいます。

 当社は、お客様のDXを共に推進していく「ファーストDXパートナー」を目指しています。そのためにDX&イノベーションセンターなどの社内組織も整えています。2021年4月にはデジタル製造業センターを設立し、製造業界に特化した支援サポートを開始しました。答えなき道を探索するための文化醸成も行っています。これからもサステナブルなDX推進に向け、お客様と共に進化を続けていきます。

※Volatility:変動性・Uncertainty:不確実性・Complexity:複雑性・Ambiguity:曖昧性

本記事は2021年8月18日~20日にオンライン開催された「IT Japan 2021」のリポートです。