全2026文字
PR

 ベトナムのITベンダー最大手、FPTソフトウェアを傘下に持つ我々は、ベトナムの政府機関のデジタル変革支援をはじめ、大手銀行のコアシステムの構築など数多くの企業の支援に携わっています。さらに、創業以来の戦略的市場である日本を含む世界中の企業からシステムやソフトウエアの開発を受託して成長し続けています。幅広い業種・業態の開発に関し、導入コンサルティングから設計、実装、保守・サポート対応まで一貫した体制で手がけることが可能です。設立から33年が経った現在、26カ国・地域で事業を展開し、グループ従業員数は3万6000人を超えました。

[画像のクリックで拡大表示]

世界中のどの国よりも日本企業に寄り添った支援ができると確信しています

 日本国内では2005年に法人を設立し、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、広島など各地に拠点を構えています。日本で勤務するほぼすべてのベトナム人エンジニアは日本語で会話でき、日本のお客様に寄り添いながらITを活用した企業価値の向上に貢献してきました。

IT人材の育成や技術の発展を国策として推進

 昨今、数多くの日本企業が、デジタル変革に関心をお持ちです。一方、日本でのデジタル人材不足は深刻化しています。経済産業省の『IT人材需給に関する調査』では、2030年には日本国内で50万人のITエンジニアが不足すると予測されています。どんなに素晴らしい戦略があっても、人材がいなければ行動に移せません。デジタル変革の推進で重要なのは、最先端で高度なIT技術を持った多くの人材です。

 高度IT人材の不足は日本に限ったことではなく、ベトナムでも似たような状況が起こっています。人口約1億人で平均年齢が30歳代前半という若い国のベトナムでは、国を挙げてIT産業の育成に力を入れています。巨額の国家予算を投じ、デジタル人材の養成や技術の発展を支援し、毎年のように高度なスキルを持つ優れた新たなITエンジニアを多く輩出しています。

 我々も自社グループで大学を保有し、積極的な人材育成に取り組んできました。将来有望となるだろう技術を予測した教育カリキュラムと、実際の企業ニーズに合わせた実践的なトレーニングを重視しています。また人材開発拠点として、ベトナム全土に7カ所あるFPTの開発センターがあります。世界からシステム開発を受託するだけでなく、積極的なインフラ投資と質の高い職場環境づくりに努め、デジタル変革能力や人材変革能力に関する教育にも注力しています。

 ベトナムには、多くの優秀なITエンジニアがおり、FPTグループでは日本語が話せるエンジニアの育成にも力を入れています。日本への親近感が強い国民性もあり、世界中のどこの国よりも日本企業の戦略や方針に寄り添ったデジタル変革の支援ができると我々は確信しています。

社員教育、ITアウトソーシングオフショア開発…多様な支援を提供

 日本企業に寄り添ったデジタル変革の支援を行うという方針のもと、我々はシステム開発だけでなく企業の社員向け教育プログラムをはじめ、ITアウトソーシングサービスやオフショア開発支援といった、ニーズに応じた多様なソリューションを提供しています。

 デジタル変革の実現にあたっては、「DXとは何か」「どのように行うのか」という共通認識を組織全体で形成することが重要となります。我々は、こうした変革の推進に向けた出発点となる社員の意識改革教育から支援しています。そのアプローチ例の1つに、アジャイル開発プロセスを採用したプログラムがあります。お客様とFPTのチームが開発・運用・保守の一体運営を実現するもので、人材の変革に寄与すること以外に、ビジネス戦略上の重要性が増している、製品やサービスの市場投入スピードの高速化に貢献できるように設計しています。

 また、昨今のITアウトソーシングは単なるコスト削減だけではなく、新たなビジネス価値の創出を目的とすることが珍しくありません。ビジネス特性に合わせた様々な提案や、内製化に向けたチームづくりのサポートも行っています。

 多くの日本企業の効率的なデジタル変革やDX推進を支援するため、ベトナムでのオフショア開発に加え、沖縄には日本とベトナムをつなぐニアショア拠点も整えています。数百人規模の開発センターを立ち上げることで生産性を高め、デジタル変革を加速させます。ベトナムにおける現地法人や合弁会社の設立支援も可能です。

 世界でデジタルの覇権争いが加速する現在、ベトナムはデジタルの領域においてどう存在価値を発揮できるかを模索し続けています。そして、日本はどのように世界のテクノロジーリーダーとしての地位を取り戻すのかが問われていると思います。

 デジタル変革を推進する日本企業の挑戦に、ベトナムとFPTグループが貢献し、共に成長していくことを願っています。

本記事は2021年8月18日~20日にオンライン開催された「IT Japan 2021」のリポートです。