全2259文字
PR

 コロナ禍により大きな社会変化が起こっています。金融業界では以前から低成長やマイナス金利政策の導入などの厳しい経営環境にさらされる中で、デジタル化や環境・社会課題への意識の高まりといった大きな流れも加わっていましたが、コロナ禍で世の中の潮流が一気に加速しています。三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)では、「今までの延長線上に未来はない」という危機感をもってデジタルシフトに挑んでいます。

[画像のクリックで拡大表示]

営業店のDXを進めつつBaaSを提供する金融・デジタルプラットフォーマーを目指します

 2021年度からの中期経営計画では、「世界が進むチカラになる。」をMUFGのパーパス(存在意義)として定義しました。社員が経営に共感し、自律的に考えて行動・挑戦する、自由闊達でスピード感のある組織を目指したカルチャー改革を進めています。

 MUFGは非常に良いアセットを有しています。素晴らしいお客様、グローバルなネットワーク、銀行や信託銀行、証券などのグループ力も強力です。優れた人材にも恵まれています。このアセットを最大限に生かしていくことが、経営陣に課せられた使命だと認識しています。

 そうした中で新たな挑戦として掲げているのが、金融・デジタルプラットフォーマーへの飛躍です。

外部チャネルと連携した幅広いBaaSを提供していく

 MUFGでは様々な金融システムや決済システム、店舗網をはじめとするインフラを所有しています。これらのインフラの上で動くためのルールを決めてオープンな場として提供していく存在を金融・デジタルプラットフォーマーと定義しているのです。

 あえて“金融・デジタル”という言葉を添えているのは、金融とデジタルが既に一体となっているからにほかなりません。取引や決済のデータはもとより、各種のサービスやお金そのものもデジタル化している中で、どのような新しい価値を提供していくかが金融・デジタルプラットフォーマーには問われます。

 金融サービスのアンバンドリング(分解)もその1つです。以前から、住宅ローンのサービスだけを提供するといったことはありましたが、デジタル技術の活用で、より細かい単位で金融の機能を切り出して提供するマイクロサービス化が可能となります。金融サービスの一部と様々なデータを組み合わせ、お客様にかつてない体験を提供していくことが基本の構想になります。

 2021年にNTTドコモと、新たなデジタル金融サービスの業務提携契約を締結しました。NTTドコモが有する会員基盤やデジタル販売チャネルとMUFGが提供する金融サービスを組み合わせることで、両社のお客様に対してお取引状況に応じてdポイント付与される新たなデジタル口座サービスを提供するほか、データを活用した新事業や新サービスの企画・開発なども検討しています。両社による独自の住宅ローン商品の開発や資産運用サービスでの協業など、金融サービスの各領域における共創事業も推進します。

 MUFGのチャネルだけにとどまらず、外部チャネルとも連携したBaaS(Bank as a Service)を幅広い事業者との間で提供することで、金融・デジタルプラットフォーマーへの進化を図っています。

社会の変化を正しく読み解きお客様やパートナーと共に向かう

 もっとも、MUFGのインフラやBaaSのようなサービスをオープンにすることに疑問の声がないわけではありません。典型的なのは、金融機関ではない外部の事業者が金融サービスを提供することで、銀行はお客様接点を奪われてしまって、“土管化”していくのではないかというものです。

 私はこの見方に否定的です。金融サービスに安全・安心は重要な条件であり、MUFGをはじめとする金融機関がもつインフラは簡単にほかに置き換えられるものではありません。単純な土管にされてしまうことはないと確信しています。

 実際、金融サービスに新規参入してくる事業者と金融機関との間には、競争や競合よりも、むしろ共存関係や共創を求める動きが活発になっています。例えば2015年から開催している「Fintech Challenge」では、銀行APIを活用した新たなFintechサービスを検討するアイデアソンとして、多くのスタートアップとの共創を加速していく場となっています。

 ここであらためて思うのは、昔から言われていますが金融というのは情報産業だということ。前述したインフラの構築やお客様のデータ保護も巨額のIT投資を行ってきました。しかし、金融サービスを利用するお客様の行動そのものが変わり、ニーズも変化していく中で、従来と同じ発想のIT化を続けていても時代の変化に追随できません。

 最も大切なのは、今後の社会の変化を正しく読み解き、お客様やパートナーと共に向かっていくこと。その前提になるのは自由闊達に議論しあえる会社であることです。冒頭で述べたカルチャー改革の狙いがここにあります。

 外から見るとMUFGはまだまだ“固い会社”かもしれませんが、経営陣の考え方を社員に直接伝える「社長と本気で語る会」や、多くの業界の最前線で活躍する人々の言葉を真摯に受け止める「あしたの金融プロジェクト」といった取り組みを通じて、社員全員のエンゲージメントを醸成しています。カルチャー改革は確実に進んでいると自負しており、ますます大きく変わっていきます。

[画像のクリックで拡大表示]

本記事は2021年8月18日~20日にオンライン開催された「IT Japan 2021」のリポートです。