全3492文字

 カーボンニュートラル(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)時代に入り、世間の抱く印象が大きく変わった材料の1つがプラスチックだ。プラスチックが工業的に極めて有用な材料である点はこれまでと何ら変わらない。だが、化石資源由来のそれに対する風当たりは強くなった。半面、世間から好印象を与えられることになったのが、バイオプラスチックだ。

この記事は有料会員限定です

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料