全1925文字

 カーボンニュートラル(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)時代に入り、自動車の軽量化開発が加速している。車体を軽くすることで、エンジン車を低燃費にしたり、電気自動車(EV)などの電動車の航続距離を伸ばしたりして、二酸化炭素の排出量を減らせるからだ。こうした中、比強度に優れる高張力鋼板(ハイテン材)のニーズが高まっている。

 ハイテン材の利用が広がる中、比較的低コストでハイテン材を加工できる冷間プレスに注目が高まっている。より高強度のハイテン材を多くの部分に使えるようになるからだ。大物の車体骨格部品において、ハイテン材の冷間プレスの強度競争で他社をリードしているのが、ユニプレスである。

図1 車体骨格部品「セカンドクロスメンバーレインフォース」
図1 車体骨格部品「セカンドクロスメンバーレインフォース」
セカンドクロスメンバーの内側に入れる補強材。1.5GPa級のハイテン材を冷間プレスして造っている。(出所:ユニプレス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユニプレスは、引っ張り強さが1.5GPa級(1470MPa)で板厚が1.2mmのハイテン材を冷間プレスで成形し、前部のクロスメンバーである「セカンドクロスメンバーレインフォース」を量産(図1)。セカンドクロスメンバーレインフォースは側面衝突に耐え、かつ電池パックを保護する重要な車体骨格部品だ。2020年末以降、日産自動車が「ノート」や「ノートオーラ」で実用化している(図2)。なお、ハイテン材にはJFEスチールの製品を使っている。

図2 1.5GPa級のハイテン材を冷間プレス
図2 1.5GPa級のハイテン材を冷間プレス
日産自動車が新型ノートなどに採用した。1.5GPa級のハイテン材を冷間プレスして造っている。(出所:ユニプレス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユニプレスがハイテン材の冷間プレスで直面した開発の難所は2つある。遅れ破壊の克服と成形不良の克服だ。