全1067文字
PR

 主体性のなさに不満を抱き、世代間のギャップに戸惑いつつも、将来の担い手として期待している──。土木に関わるベテラン・中堅の実務者の多くは、職場で一緒に働く今どきの若手技術者をこんなふうに捉えているようだ。日経クロステックの調査で若手に対する実務者の意識が見えてきた。

 調査は、日経クロステック会員や日経コンストラクション読者で30歳以上の土木実務者を対象に、2021年9月29日から21年10月3日にかけてインターネット上で実施。部署や勤務先で一緒に働く20歳代以下の若手社員に対する不満の有無などを尋ね、計122人から回答を得た。

 職場の若手に不満があると回答した実務者の割合は、6割超に上った。「とてもある」は8.1%にとどまるものの、「ややある」が54.5%と過半を占めた。許容できないほどではないが、上司や先輩として見過ごせない不満が多いのだろう。

6割超が若手に不満を抱く
6割超が若手に不満を抱く
部署や勤務先にいる20歳代以下の若手に不満があるかを尋ねた結果。調査対象は土木分野を専門とする30歳以上の実務者(資料:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 そうした様子は、具体的な不満を尋ねた設問の回答から分かる。多くの実務者が不満に感じているのは、「自ら学ぶ姿勢がない」(62.9%)、「自律的に動かない」(58.1%)、「積極性がない」(48.4%)といった若手の受け身の姿勢だ。

 もちろん、知識やノウハウのなさにも、もどかしさを感じている。続くのは、「コミュニケーション能力が乏しい」(41.9%)、「社会人としてのマナーに欠ける」(41.9%)、「専門的な技術力がない」(33.9%)といった回答。しかしそれ以上に、主体性や積極性のなさに不満を抱いている。

主体性のなさに不満
主体性のなさに不満
若手に不満を抱く実務者に、具体的にどのような不満があるかを尋ねた結果。複数回答で答えてもらった(資料:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]