全1169文字
PR

 ヤマザキマザック(愛知県・大口町)が、加工現場の人手不足の課題に応える工作機械の自動化システムを工作機械展示会「メカトロテック ジャパン 2021(MECT2021)」(2021年10月20〜23日、ポートメッセなごや)に出展した。CNC旋盤「QTE-200M SG」に、同社が「自動化セル」と呼ぶ自動化システム「Ez LOADER 10」を組み合わせたもの。ワークの供給と排出を無人化するとともに、段取りの手間を省いて加工開始までのリードタイムを短縮できる。

工作機械と自動化システム
[画像のクリックで拡大表示]
工作機械と自動化システム
CNC旋盤に自動化システム「Ez LOADER 10」を組み合わせた。(写真:日経クロステック)

 新しい自動化システムは、ファナック製の協働ロボットとビジョンセンサー、専用ソフトウエアを内蔵したタブレット端末から成る。このソフトウエアはヤマザキマザックの内製で、ロボットのティーチング作業を不要にした。従来は協働ロボットを導入する際にティーチングが必要で、ロボットに不慣れな加工現場では、システムインテグレーターにティーチング作業を依頼していた。

ロボットハンドの先端に付いたビジョンセンサー
[画像のクリックで拡大表示]
ロボットハンドの先端に付いたビジョンセンサー
左端の黒色の直方体がそれ。ワークの原点調整を自動で行う。(写真:日経クロステック)

 ワークの原点調整の手間も軽減した。専用のテンプレート(ワーク台)に複数のワークを載せ、工作機械本体の近くに置いて、ワークの直径と高さ、個数をインプットする。これだけで、協働ロボットが稼働し、ワークを把持して主軸に取り付けることができる。これは、テンプレートの四隅と工作機械本体に位置決め用マークが付いており、協働ロボットのアーム先端に搭載されたビジョンセンサーがそれらのマークを基準に自動的に位置補正を行うため。作業者が原点調整を行う必要がないので、ワークを載せたテンプレートをフォークリフトなどで運んできて大体の位置に置くだけでワークのセットは完了する。