SE営業は、顧客との接触方法が新型コロナ禍の影響で対面の面会にはならず、ウェブ会議やメールでの手段を取ることが多くなった。それに伴い、メールや日報などテキストでの確認や報告が増えている。以前と異なる「文章コミュニケーション」がメインのスタイルでは、表現に敏感になったほうがいい。

 メールを介した顧客との接触や日々作成する商談報告について、SE営業が注意すべき文章でのコミュニケーションのポイントを実体験の中から紹介する。