全2359文字
PR

 米Apple(アップル)は2021年9月、計4機種の新型「iPhone」(2021年版iPhone)を発売した。それぞれ、広角と超広角の2眼カメラを備える「iPhone 13」(以下、13)と、その小画面タイプの「iPhone 13 mini」(以下13 mini)。広角と超広角に望遠を加えた3眼カメラとLiDARセンサーを搭載した「iPhone 13 Pro」(以下、13 Pro)と、その大画面タイプの「iPhone 13 Pro Max」(以下、13 Pro Max)である。今回はまず、最も小さな13 miniを分解する。

iPhone 13 miniの外観
iPhone 13 miniの外観
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 13 miniはその名の通り4機種の中で最も小さい。5.4インチの有機EL(OLED)ディスプレーを搭載し、重さは140gである。“mini”というカテゴリーは前世代の「iPhone 12シリーズ」(2020年版iPhone)から登場しており、日本国内では手のひらに収まりやすいコンパクトさが好評とされていた。

 13 miniの評価も同様のようだ。今回4機種の分解に立ち会った技術者は「LiDARや望遠カメラなどの機能目当てなら13 Pro Maxを購入するが、普段使いならサイズと価格を考えると13 miniを選びたくなる」と話す。「分解して内部構造を見たことで、『これを買いたい』という気持ちがより強くなった」(同技術者)。

巨大化したカメラモジュール

 小さくなっても分解の手順は同じである。まずはディスプレーを開けるため、Lightningコネクターの左右にあるネジを外す。ヒートガンで温めて接着剤を溶かしつつ、吸盤で隙間を広げてプラスチック片を挟んでこじ開けていく。

ネジを外すところから分解スタートである
ネジを外すところから分解スタートである
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレーを開けると、直方体のリチウム(Li)イオン2次電池やメイン基板、「Taptic Engine」などが整然と並べられている様子が目に入る。

 メイン基板には、シールド缶の上に貼られた放熱用のグラファイトシートに「A15 BIONIC」の文字が印字されていた。これまでは基板上のチップに刻印されていただけだったが、2021年版iPhoneではディスプレーを開けた部分でも、新型アプリケーションプロセッサー「A15 Bionic」をアピールするようになった。分解されるのを意識してのことだろう。主要部品の配置は「iPhone 12 mini」とほぼ同様である。

ディスプレーを開けた様子
ディスプレーを開けた様子
ディスプレーの裏面には約0.04mmの放熱用のグラファイトシートが貼られていた。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
カメラモジュールやコネクターを保護するシールド缶を外していく
カメラモジュールやコネクターを保護するシールド缶を外していく
カメラモジュールのシールド缶の裏側には、スペーサーのような柔らかい素材が貼り付けられていた(写真右)。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
Taptic Engineなど各部品を取り外す
Taptic Engineなど各部品を取り外す
Taptic Engineの隣にあるSIMカードスロットはメイン基板と一体になっているようだ。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 前世代の2020年版iPhoneから大きく変わったカメラモジュールを取り外すと、その大きさに驚かされる。2021年版iPhoneでは、メインとなる広角カメラに「センサーシフト」と呼ばれる手ぶれ補正機能を、全ての機種に搭載している。そのため、6.7インチディスプレーを備える大画面モデルの13 Pro Maxと同じサイズの広角カメラを、小さな筐体(きょう体)に組み込んでいるわけだ。

カメラモジュールを取り外す
カメラモジュールを取り外す
カメラモジュールの大きさの大半を、大きな広角カメラが占めている(写真右)。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]