全2286文字
PR

 米Apple(アップル)は2021年9月、計4機種の新型「iPhone」(2021年版iPhone)を発売した。本コラムではこれまでに、4機種の中から「iPhone 13 mini」(以下、13 mini)と「iPhone 13」(以下、13)を分解した。今回は4機種の中で高級モデルに位置する「iPhone 13 Pro」(以下、13 Pro)を分解していく。

 13 Proの本体は13と同じ大きさで、ディスプレーサイズも6.1インチで同じである。両製品とも有機EL(OLED)ディスプレーである一方、13 Proのディスプレーが120Hz駆動になったのが13との違いであるが、ディスプレー側から見る限り外観上の違いはない。

 13 Proと13の大きな違いはカメラモジュールにある。13が広角カメラと超広角カメラを備える2眼カメラなのに対し、13 Proは望遠カメラを追加した3眼カメラになった。加えて、カメラモジュールのすぐ隣には、深度情報などを取得できるLiDAR(Light Detection and Ranging)センサーを搭載する。

iPhone 13 Proの外観
iPhone 13 Proの外観
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

13との部品の共通化をやめた13 Pro

 2機種が同じサイズでカメラモジュールのみが異なる例は、前世代の2020年版iPhoneでもみられた。「iPhone 12」(以下、12)と「iPhone 12 Pro」(以下、12 Pro)は、同じサイズでカメラモジュールのみが異なっていたものの、そのカメラモジュールでさえスペーサーを使って大きさをそろえるなど、部品の共通化を強く進めていた。12と12 Proは分解するとメイン基板の形状も含めて内部構造がほとんど同じであり、“うり二つ”な製品だったのだ。

関連記事 まるで間違い探し、iPhone 12と12 Proを比較

 しかし、13と13 Proでは、内部構造が大きく変化していた。分解作業の最初は他機種と同様で、それは13も13 Proも変わらない。その次のステップでディスプレーを開けて内部を見ると、12や12 Pro、13や13 miniと、13 Proでは見た目が大きく異なったのが分かる。

 例えばリチウム(Li)イオン2次電池が大きくなり、13では細長かったメイン基板が四角く形を変えた。12や12 Proに比べて13になって小型化し正方形に近くなった「Taptic Engine」は、13 Proでは12や12 Proのように大きめの長方形となり、13と13 Proでは異なる形状だった。

吸盤でディスプレーを持ち上げながらプラスチック片を挟んでこじ開けていく
吸盤でディスプレーを持ち上げながらプラスチック片を挟んでこじ開けていく
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレーを開けた内部の様子
ディスプレーを開けた内部の様子
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 蛇足になるが、ここで1つ実験をしてみた。ディスプレーを「iPhone 13 Pro Max」(以下、13 Pro Max)のものに替えてつないで動作させるという実験だ。フレキシブル基板の長さが異なるので外れないように慎重に押さえつつ、電源を入れる。すると、無事にホーム画面が表示され、タッチ操作も可能だった。ただし表示領域は13 Proのサイズのままだった。試しに、カメラアプリを開いてみたところ、端のほうは画面が引き伸ばされたように表示された。なぜ、このようになるかは分析できていない。

iPhone 13 ProにiPhone 13 Pro Maxのディスプレーをつないで電源を入れた様子
iPhone 13 ProにiPhone 13 Pro Maxのディスプレーをつないで電源を入れた様子
13 Proの表示領域よりも大きい部分は正常に描画されていない。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
カメラ映像が表示領域外にも引き伸ばされているように見える
カメラ映像が表示領域外にも引き伸ばされているように見える
写真下部で、カメラ映像内のカッターや金属ヘラの柄が、ディスプレーの端まで描画されているのが分かる。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]