全2007文字
PR

 米Apple(アップル)は2021年9月、計4機種の新型「iPhone」(2021年版iPhone)を発売した。本コラムではこれまでに、「iPhone 13 mini」(以下、13 mini)、「iPhone 13」(以下、13)、「iPhone 13 Pro」(以下、13 Pro)の3機種を分解した。今回は4機種の最後で、最も大きな画面を備える「iPhone 13 Pro Max」(以下、13 Pro Max)を分解していく。

 13 Pro Maxは、機能面では13 Proと同等である。どちらの製品もアプリケーションプロセッサーは「A15 Bionic」を搭載し、3眼カメラモジュールやLiDAR(Light Detection and Ranging)センサーを備える。

 両製品で異なるのは、本体やディスプレーの大きさと、連続稼働時間である。13 Pro Maxのディスプレーサイズは6.7インチになり、13 Proの6.1インチから大きくなった。どちらのディスプレーとも、有機EL(OLED)ディスプレーで120Hz駆動であるのは変わらない。

iPhone 13 Proの外観
iPhone 13 Proの外観
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

13 Pro Maxは13 Proとの部品共通化へ

 他の3機種と同様に分解を進めていく。ディスプレーを開けて内部を見ると、巨大なリチウム(Li)イオン2次電池が目に入る。本体容積のほぼ半分を2次電池が占めているようだ。13 Pro Maxになって2次電池のサイズは上下左右に大きくなり、13 Proで長方形に近かったメイン基板は、2次電池に合わせて太いL字形に形状を変えた。

 一方で、その他の部品の多くは13 Proと同じように見える。前回の記事で13 Proは13との部品共通化をやめたと記載したが、逆に13 Pro Maxと13 Proの間で、部品の共通化が進んでいるようだ。つまり、13 Proと13 Pro MAXで共通化し、内部的にProはノーマルのiPhoneとは別格の存在にしたとみられる。

恒例のようにディスプレーの隙間にプラスチック片を挟みながら開いていく
恒例のようにディスプレーの隙間にプラスチック片を挟みながら開いていく
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレーを開けた内部の様子
ディスプレーを開けた内部の様子
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレーのコネクターを外して分離する
ディスプレーのコネクターを外して分離する
ちなみに、このディスプレーモジュールは13 Pro分解記事での表示実験に使用した。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは3眼となってより巨大化したカメラモジュールを取り外す。カメラモジュールを覆っていたシールド缶を外すと、カメラモジュール側の面には放熱用のグラファイトシートが貼られていた。シールド缶の形状やグラファイトシートの厚みなどは、13 Proと同様で、同じように3眼カメラやLiDARセンサーを意識して放熱対策を重視したと思われる。カメラモジュールやLiDARセンサーは、13 Proと同じようだ。

カメラモジュールを取り外す
カメラモジュールを取り外す
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]
カメラモジュールを覆っていたシールド缶には、13 Proと同じく放熱用のグラファイトシートが貼られていた
カメラモジュールを覆っていたシールド缶には、13 Proと同じく放熱用のグラファイトシートが貼られていた
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
カメラモジュールの隣にあるLiDARセンサーも13 Proと外観上の違いはみられない
カメラモジュールの隣にあるLiDARセンサーも13 Proと外観上の違いはみられない
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]