全1300文字
PR

 米マイクロソフトは2021年10月5日(日本時間)、Windows 11の提供を開始した。Windows 11をプリインストールしたパソコンの出荷が始まり、Windows 10からのアップグレードは段階的に実施される。ここではWindows 11の変更ポイントを中心に解説する。なお、本記事はプレビュー版に基づいているため、製品版のWindows 11ではここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

 Windows 11に追加される新機能や新要素を見ていこう。

 目立った新機能としては、タスクバーのボタンをクリックすることで画面左に表示される「ウィジェット」がある(図1)。天気や株価、スポーツの試合結果や、「OneDrive」に保存した写真など、さまざまな情報が表示される。新着ニュースのチェックもできる。他社アプリの対応も期待したいところだ。

情報パネル「ウィジェット」
情報パネル「ウィジェット」
図1 タスクバーの「ウィジェット」ボタンをクリックすると、画面左側にパネルが表示される。スマートフォンのような情報パネルや、新着ニュースを確認できる。表示するウィジェットの追加や削除も可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

Androidアプリもストアから

 Windows 11発表時に大きく注目された機能として、「Android用のアプリが動く」という点がある(図2)。当面は、Androidアプリの入手先がAmazonのアプリストア「Amazon Appstore」に限られる。多くの人がスマートフォンで利用する「Google Playストア」は使えないため、スマートフォンのアプリがそのまま使えるとは限らないが、さまざまな可能性を感じさせる。

Androidアプリが動く
Androidアプリが動く
図2 Windows 11には、Androidアプリをウインドウで動かす仕組みが搭載される(出典:米マイクロソフトが開催したWindows 11発表イベントの映像より)
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazon Appstoreには付属アプリの「Microsoft Store」でアクセスする仕組みだ(図3)。Windows 10の「Microsoft Store」は、「ストア専用」にパッケージしたアプリしか扱えず、あまり広く使われているとは言えなかった。そこで、Windows 11では、一般的なデスクトップアプリなども登録、配布できるよう方針やシステムが改められることになった。AmazonのAndroidアプリを扱うのもその一環だ。

図3 Windows 11で使えるAndroidアプリは、Microsoft Storeで探せるが、入手はAmazonのアプリストアから(出典:図2と同じ米マイクロソフトの映像より)
図3 Windows 11で使えるAndroidアプリは、Microsoft Storeで探せるが、入手はAmazonのアプリストアから(出典:図2と同じ米マイクロソフトの映像より)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発元がマイクロソフトに支払う手数料の仕組みも変わるため、Windows 11では「ストア」利用が増えるかもしれない。