全2020文字
PR

 Windows 11で新しい機能やアプリが加わったが、一方でWindows 10で使い慣れていた機能やアプリはどうなったのだろうか。FAQ形式で気になるあの機能を順番に見ていこう。なお、本記事はプレビュー版に基づいているため、製品版のWindows 11ではここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

「10時代」のスタートメニューは使えない?

スタートメニューの左寄せとフォルダーボタンの追加は可能。タイルは廃止

 「設定」アプリの「個人用設定」の画面で、スタートメニューやタスクバーのアイコンの左寄せと、スタートメニューへのフォルダーボタンの追加が可能だった。右図は左寄せとボタン追加をした状態だ。

 一方で、スタートメニューの外見や機能をWindows 10のものに戻す設定は用意されていない。「タイル表示」はWindows 11で廃止されることになる。

 しかし、タイルの中に新着情報などを表示する「ライブタイル」と同様の機能は、Windows 11の新機能「ウィジェット」で実現できそうだ。

 なお、Windows 11ではタスクバーの表示位置が画面下部に固定されており、Windows 10までのように、画面上や左右には配置できない。カスタマイズしたい人には悲報と言えるだろう。

[画像のクリックで拡大表示]

「コルタナ」ってどうなった?

標準で有効化されず、ボタンはなし

 音声アシスタント機能「コルタナ」は、標準で有効化されず、使いたければ手動で有効化する必要がある。Windows 10にはタスクバーに専用ボタンがあったが、Windows 11ではなくなっている。コルタナのアプリアイコンをタスクバーにピン留めすれば代用できる。

[画像のクリックで拡大表示]

タスクビューのタイムラインは?

廃止される

 タスクビューに対応アプリの作業履歴を表示する「タイムライン」は廃止される。最近開いたページやファイルの履歴はアプリごとに表示できるので、そちらで十分間に合うだろう。

 Windowsで作業(アクティビティ)履歴を保存する機能は存在している。

[画像のクリックで拡大表示]

「ニュースと関心事項」は?

「ウィジェット」に吸収

 2021年5月ごろからWindows 10に自動で追加され始めた「ニュースと関心事項」は、タスクバーに天気アイコンを追加し、そこからニュースなどの情報を表示する新機能だ。Windows 11では「ウィジェット」に同じ機能が含まれており、吸収される形となる。

[画像のクリックで拡大表示]