全683文字
PR

[今回の回答者]アマゾン ウェブ サービス ジャパン 技術統括本部 技術推進本部 本部長 小林 正人

(イラスト:岸本 ムサシ)
(イラスト:岸本 ムサシ)
[画像のクリックで拡大表示]

 サーバーレスは、プログラムコードの実行に特化したクラウドサービスです。FaaS(Functionas a Service)とも呼ばれます。利用者が仮想マシンなどを用意しなくてもプログラムを実行できる点が特徴です。

 サーバーレスといっても、実際にはサーバーが動作しています。ただ利用者はその存在に関与しません。サーバーやストレージ、ネットワークといったインフラ環境に加え、サーバーで動作するOSやプログラムの実行環境はクラウド事業者が提供します。利用者はこれらを準備したり保守運用したりする必要がありません。開発したプログラムをアップロードするだけで実行できます。インフラ周りの障害対応はもちろん、処理負荷に応じたシステムの処理能力の増減も自動化されています。

 プログラムを実行した分しか課金されないのもサーバーレスの特徴です。このためコストを抑えられます。

 一方、従来サービスであるIaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)では、プログラムを実行しない場合でも仮想マシンが存在するため料金が発生します。

 ただしサーバーレスより従来サービスのほうが向いている場合があります。例えば、オンプレミスのシステムをクラウドサービスに移行する場合です。システムのプログラムをなるべく変更せずに済ませるには、利用者が仮想マシンを用意する従来サービスのほうがリスクが低いでしょう。

(聞き手=中島 募)