全1649文字
PR

 Wi-Fi Allianceでは、「第三者認証機関」などと呼ばれる機関が認定試験を実施する。実際の試験では、対象製品がWi-Fi Allianceの定める仕様を満たしていることを検査。さらに、Wi-Fi Allianceが選定した標準機器に対して無線LANの動作モードやセキュリティー設定の組み合わせで「接続して通信できるかどうか」も検証する。つまり、Wi-Fi Allianceが無線LAN製品間の相互接続性の「基準」を提供している。(PICT2)。

PICT2●つながるための「基準」を示す
PICT2●つながるための「基準」を示す
(イラスト:なかがわ みさこ)
[画像のクリックで拡大表示]

セキュリティー技術も認定

 Wi-Fi Allianceはセキュリティー規格の策定にも関与している。無線LANは無線を使うため、通信内容が傍受される危険がつきまとう。このため、すべての通信を暗号化する必要がある。当初は暗号化技術として「WEP(Wired Equivalent Privacy)」が使われていた。しかし、WEPは2001年に致命的な脆弱性が報告された。

 当時IEEEは無線LANのセキュリティー規格である「IEEE 802.11i」の標準化を進めていた。しかしWi-Fi Allianceは標準化の完了を待っていると無線LANの普及に支障を来すと判断。IEEE 802.11iのドラフト版を基に「WPA(Wi-Fi Protected Access)」を策定し、2003年に認定を開始した。802.11iが2004年に標準化されると、「WPA2」として認定を開始。2018年からは、最新のセキュリティー技術である「WPA3」の認定を実施している。

ブランド普及も推進

 Wi-Fi Allianceは認定以外にマーケティングも実施する。最近見かける「Wi-Fi 6」などの呼称もWi-Fi Allianceによるものだ。最新の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」は、それまでの「IEEE 802.11ac」と1文字しか違わない。どれが最新の規格か分かりにくく、世代も区別しにくい。

 そこで無線LANの世代を分かりやすくするため、Wi-Fi AllianceはIEEE 802.11axを「Wi-Fi6」、同802.11acを「Wi-Fi 5」、同802.11nを「Wi-Fi 4」と呼ぶことを提唱。こうしたブランディングにより最新技術の認知を高めようとしている。