全1218文字

 災害に遭遇した際、目の前の状況に対して適切に行動し、自分や家族を守らなければならない。そうした行動でパソコンやスマートフォンを活用するのが「デジタル防災」だ。普段からの備えの有無が、いざというときの運命を左右する。さあ、デジタル防災を始めよう。

 近年、地震や台風、水害などによる深刻な被害が増えている。こうした状況の変化を受けて、政府は2021年5月、避難情報などに付記する「警戒レベル」を修正した(図1)。いつ何時、どんな災害が起こるか分からない状況において求められるのは、災害に遭遇した際、目の前の状況に対して適切に行動し、自分や家族を守る「防災リテラシー」だ。

警戒レベルの意味を知り、“正しく恐れる”
警戒レベルの意味を知り、“正しく恐れる”
図1 2021年(令和3年)5月20日から「避難勧告」は廃止され、「避難指示」で必ず避難することになった。スマートフォンなどに通知が来たら、迷わず行動しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、自分が住んでいる地域のハザードマップは、災害が起こる前に確認しておくことが望ましい。こういった情報はインターネット上に用意されているので、必ずチェックしておこう(図2)。

図2 緊急時にどこに避難するか、普段から家族で話し合っておく。各自治体のホームページにハザードマップが公開されているので、事前に必ず確認しておこう(イラスト:ヨーダヒデキ)
図2 緊急時にどこに避難するか、普段から家族で話し合っておく。各自治体のホームページにハザードマップが公開されているので、事前に必ず確認しておこう(イラスト:ヨーダヒデキ)
[画像のクリックで拡大表示]