全1383文字
PR

 災害に遭遇した際、目の前の状況に対して適切に行動し、自分や家族を守らなければならない。そうした行動でパソコンやスマートフォン(スマホ)を活用するのが「デジタル防災」だ。ここではデジタル防災に役立つスマホアプリを7つ紹介する。

NHKニュースと防災情報を入手

 NHKが取材した最新ニュースや、気象情報、災害情報、雨雲データマップやハザードマップをチェックできるアプリ。災害時は避難所の混雑状況も表示する。特別警報や注意報などは、現在位置や設定地域ごとに通知してくれる。地域は3カ所まで登録できるので、自宅のほかに職場や親戚などを登録しておこう。「ライブ」画面では、被災地の現在の状況をリアルタイムに配信するほか、災害時にはNHKニュースの放送も同時配信する。

アプリを開き、「災害情報」タブをタップすると、現在の状況を確認できる
アプリを開き、「災害情報」タブをタップすると、現在の状況を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
「マップ」タブをタップすると、ハザードマップや雨量マップを確認できる
「マップ」タブをタップすると、ハザードマップや雨量マップを確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

災害状況がすぐにチェックできる

 地震速報や豪雨予報などの災害情報をいち早く通知するアプリ。現在地のほかに3地点を設定できる。自宅以外に職場や実家などを登録しておけば、危険が迫る前に「今のうちに逃げた方がよい」と避難を促せる。設定画面で「豪雨予報」をオンにしておくと、ゲリラ豪雨対策にもなる。災害マップ画面では、ユーザーが投稿した現在の状況やライフラインの供給情報などを確認できる。近場の状況を知りたいときに活用しよう。

アプリを開くと、現在地の状況をすぐに確認できる
アプリを開くと、現在地の状況をすぐに確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
項目をタップすると、現在の詳しい状況を確認できる
項目をタップすると、現在の詳しい状況を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

スマホでラジオが聴ける

 スマホでラジオ番組が聴けるアプリ。災害時、手元にラジオがなくてもこのアプリがあれば安心だ。過去1週間以内に放送された番組が聴ける「タイムフリー機能」も便利。

現在放送中の番組はもちろん、過去の放送を遡って聴くこともできる
現在放送中の番組はもちろん、過去の放送を遡って聴くこともできる
[画像のクリックで拡大表示]

スマホでNHKが視聴できる

 スマホでNHKの地上波放送番組を視聴できるアプリ。アプリをインストールすればすぐに番組が視聴できる。見逃し配信や追いかけ再生などを利用するにはID登録が必要。

NHKで放送している番組がスマホやパソコンで視聴できる
NHKで放送している番組がスマホやパソコンで視聴できる
[画像のクリックで拡大表示]