全4215文字
PR
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple(アップル)から、新設計のきょう体にアップル製チップ(Apple Silicon)の高性能版「M1 Pro」または「M1 Max」を搭載した「14インチMacBook Pro」と「16インチMacBook Pro」が登場。2021年10月26日より販売が開始されている。

 筆者が16インチMacBook Proに仕事環境を丸ごと移し、メインマシンとして使い始めて2週間がたった。毎日使いまくって感じたことを、サブマシンの「MacBook Air」(M1搭載、2020モデル)との比較も交えてお伝えしよう。

メインマシンに最適、絶妙なディスプレーサイズ

 今回レビューする16インチMacBook Proには、M1 Pro(10コアCPU、16コアGPU)、32GBのメモリー(ユニファイドメモリー)、1TBのSSDが搭載されている。3つある16インチMacBook Proの標準モデルから中位モデルを選択し(直販価格:税込み32万1800円)の16GBメモリーをCTOで32GBに増強したもので、カスタマイズ後の価格は36万5800円(税込み)だ。

 14インチではなく16インチを選択した理由は、メインマシンとして使うためには大きなディスプレーが望ましいと考えたからだ。ちなみに正確なディスプレーサイズは14インチモデルが14.2インチ、16インチモデルが16.2インチだ。サブマシンとして使っている13.3インチディスプレー搭載のMacBook Airとの用途の重複も避けたいと考えた。

 ちなみに14インチMacBook Proでメモリーを32GBにカスタマイズすると、34万3800円となる。この2万2000円の差をどう考えるか。筆者は「2万円強で16インチになるなら文句なし」と思ってしまった。

 16インチMacBook Proでディスプレー解像度が最大の「スペースを拡大」にすると疑似解像度が2056×1329となる。このサイズが絶妙で、実際に紙媒体(A4サイズ)のラフレイアウトを見開きで作成してみたところ、多少縮小する必要はあるが、作業に支障ないサイズで表示できた。この作業が可能ならば、ほぼメインマシンとして十分だと思われる。

 MacBook Airでもディスプレー解像度は最大となる「スペースを拡大」(疑似解像度:1680×1050)に設定し、デスクトップを可能な限り広くしているが、見開きのレイアウトはラフでも厳しい。

これまでよりも「狭額縁」で搭載された16.2インチディスプレーが目の前いっぱいに広がる。ディスプレー表示部の切り欠き「カメラハウジング」(iPhoneのノッチに相当)も個人的にはデザインとしてお気に入り
これまでよりも「狭額縁」で搭載された16.2インチディスプレーが目の前いっぱいに広がる。ディスプレー表示部の切り欠き「カメラハウジング」(iPhoneのノッチに相当)も個人的にはデザインとしてお気に入り
[画像のクリックで拡大表示]
MacBook Airと16インチMacBook Proの両方で画面の解像度を最大にしてデスクトップのスクリーンショットを撮り、重ねてみた。これだけ広がるとさまざまな作業が楽になった
MacBook Airと16インチMacBook Proの両方で画面の解像度を最大にしてデスクトップのスクリーンショットを撮り、重ねてみた。これだけ広がるとさまざまな作業が楽になった
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレーの解像度を「スペースを拡大」(疑似解像度:2056×1329)にすると、紙媒体の見開きレイアウト作成も可能。写真は筆者がMacに付属するワープロアプリ「Pages」で作成したもの
ディスプレーの解像度を「スペースを拡大」(疑似解像度:2056×1329)にすると、紙媒体の見開きレイアウト作成も可能。写真は筆者がMacに付属するワープロアプリ「Pages」で作成したもの
[画像のクリックで拡大表示]